ゴミ箱を引っ掛けてスペース活用!掃除がラクになるアイディア

ゴミ箱を引っ掛けてスペース活用!掃除がラクになるアイディア

なければないで困るけど、あったらあったで置き場所や存在感が気になるゴミ箱。
あきらめモードであまり注目されないゴミ箱の置き場所について、少し考えてみませんか?

ゴミだから何でもいいじゃない!といわず…

ゴミ箱といっても捨てるごみもいろいろ。
用途に合わせて選ぶため、形や大きさも違うものを、お部屋の数だけ設置しているというご家庭がほとんど。
けれど、購入するときにはなんとなく適当に選んでしまったり、従来の形にとらわれて、お部屋で残念な存在感を出していませんか。

キッチンのゴミ箱いくつありますか?

キッチンのゴミ箱は、家の中ではダントツの数。
何種類もの分別をしなくてはいけないので数が増えがちですね。
けれど、キッチンは狭い空間、いちばん悩みの多い場所ではないでしょうか?

キッチンには収まりきらなくて、勝手口の外側やバルコニースペースといった屋外に設置されていることも多いですよね。
その場合、ゴミを捨てる際は、中と外を行き来しなくてはならないので、とても面倒。
例えば空き缶なら、水で軽くゆすぐ → 乾かす → 捨てるという工程をたどります。
ゆすぐと乾かすまではスムーズにいくのですが、捨てるとなると場所を移動しなければいけない…

そうなると「もう少し溜まってから捨てよう」とか「面倒だな」という思いから、いつまでもキッチンに空き缶がずらりと並んでいる…なんてことに。
解消しようにもゴミ箱を置く場所がなく、実際お片づけの現場に伺っても、ズボラな自分にうんざりされている方も少なくありません。

袋を吊るす!これなら狭いキッチンでも大丈夫

そんなとき、私は何とかゴミの置き場所を作り出したいと思い、ちょっとしたくぼみを見つけて、このようなスペースづくりをご提案しています。
ゴミ箱=下という、なんとなくの常識をやめて、上でもいいんじゃない?と思いついたのがこのスタイル。
大きなハコモノを直置きするのではなく、袋を吊るして上方の空間を活かすことができれば、キッチンでもゴミスペースを増やすことができます。
キッチンこんなふうにうまい具合につっぱり棚をつけられなくても、窓枠や食器棚と冷蔵庫の間などつっぱれるところがあればどこでもOK。
生ゴミやびんなど、重いものでなければこれで解決することができます。
ゴミがあふれそうになったら、買い物のついでに袋ごとサッと持って出かけ、スーパーのリサイクルボックスへ入れるのもラクチンです!
ゴミ袋の中身

ゴミ箱が足元にない…それだけで掃除がラク

洗面所やトイレも狭いことがほとんどで、ゴミ箱が足元にあるとつまずいたりひっくり返したり…という経験ありますよね?
いちいち持ち上げて掃除するのもちょっと手間。

こんなときは洗濯機の側面や、トイレットペーパーホルダーの下などに、引っ掛けられる場所を見つけてゴミ箱を設置してみてはどうでしょうか。
こちらのゴミ箱は、引っ掛けられるゴミ箱。
ゴミ箱とは思えないスタイリッシュさと清潔感でサニタリー空間にはぴったりです。
洗面穴があいでいるので、マグネットフックを使えば洗濯機の側面に引っ掛けられます。

各お部屋でもおしゃれなゴミ箱として活躍してくれます。
部屋家の中にごみを持ち込まない!という意識を徹底するために玄関にゴミ箱を置いておられるご家庭がありますが、玄関の壁に引っ掛けても、ゴミ箱と感じさせないさりげない存在感がいいですね。
玄関

引っ掛けるゴミ箱の思わぬ効果

このように今までのように、「置く」から「引っ掛ける」に変えてみると思わぬ効果が生まれます。
それは、ゴミの量に対する意識が変わるということ。

「たくさん入れすぎてゴミ箱が落ちたら困る!」という思いからか、なるべくゴミの量を減らして、回収日まであふれさせないようにしようという意識が働くのです。
買い物の際になるべくかさばらないパッケージを選ぶとか、ペットボトルをやめてマイボトルに切り替えるとか…
そうすると普段の暮らしの中でゴミを減らすという社会問題にも自然と貢献できてしまいます。
ご自分の暮らしにあったゴミ箱の設置方法を見つけて、ゴミとうまく向き合っていきましょう。

今回の記事に登場したアイテム 
ゴミ箱 アンブル ハングポケット(八幡化成株式会社)

柳澤知伽プロフィール