下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に

下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に

湿気の発生場所は?家中まんべんなくチェック

湿気対策と聞いて、まず思い浮かぶところといえば、押入れや下駄箱でしょうか。
大きな収納場所なので、しっかり湿気対策されている方は多いのですが、最も湿気の発生しやすい水回りはきちんとできていますか?
家中のポイントとなる場所をしっかりおさえて、まんべんなく万全に対策しましょう。

今回は、さまざまな方法やグッズを試してみて、私がたどり着いた湿気対策をご紹介します。

一石三鳥の除湿王は炭!

まず、絶対におさえておきたい押入れや下駄箱、クローゼット。
面積が大きくて、開けておく習慣がないので、湿気がこもりやすい場所です。
押入れにはすのこ、下駄箱には除湿剤というのがお決まりのパターンなのでは?

すのこはいいのですが、それだけでは不十分。除湿剤は使い捨てなので不経済。
そんな悩みを解消してくれるのがです。
備長炭が理想ですが、手軽に手を出せるお値段ではないため、私が愛用しているのはバーベキュー用の炭。
木炭このお手軽な炭でもしっかりと効果を感じられます。これなら、余った炭で今すぐにでも始められますね。

炭のメリットは3つ。
①半年に1回ほど天日に当てれば半永久的に使える。
②場所にあわせて大きさや量を調節できる。
③脱臭効果も抜群。

炭で家中を除湿&脱臭

炭はこれを使わない手はない!というくらい優秀な天然の除湿剤。
100円ショップの不織布や換気扇のフィルターなどにくるんで、置きたい場所にあわせて用意しましょう。
炭くるむ押入れには、新聞紙、1~2㎏の炭、すのこの順番に重ねます。
下駄箱やタンスは、一段につき100gくらいずつ入れておけばOK。
下駄箱雨の翌日や玄関のにおいが気になる日は、靴に直接入れておけば、自然と気にならないレベルまで除湿と脱臭ができます。
靴脱臭また、玄関やトイレ、部屋にインテリアとして飾れば、家中の除湿と脱臭がさりげなくできてしまいます。
炭インテリア

お風呂あがりの水滴は珪藻土バスマットにおまかせ

洗面所やキッチンなどの水回りの湿気対策としては、水を避けるに限ります。
こまめに掃除するのが理想ですが、できない人は思い切ってこのグッズを取り入れてみては?
こちらは、珪藻土バスマット
珪藻土バスマット珪藻土は藻の化石による天然素材で、昔から湿気の多い日本の家屋に壁の材料として使われてきました。

この珪藻土バスマットも、炭と同じく半永久的に使えます。
水気を吸い取るスピードがおもしろいほど速く、自力で乾燥していくので手間がかかりません。
我が家では、いち早くこのバスマットを取り入れ、使い心地の良さや洗濯の手間から開放されて、今では欠かせないものになっています。
最近は、コップ型の歯ブラシ立てや、乾物などの食品の乾燥剤代わりとして、バスマット以外の商品もいろいろと展開されてきているので、用途に合わせた除湿ができますよ。

石鹸マグネットでヌルヌルから解放

その他にできることは、床面から水を遠ざけること。
濡れたものを床面で放置すると、雑菌が繁殖してヌルヌルしてきますね。
いちいち拭くのはやっぱり面倒なので、自然に乾きやすい方法を作り出してみましょう。

たとえば石鹸。石鹸ケースや石鹸受けをあれこれ試しましたが、どれもイマイチでしっくりきませんでした。
でも、この石鹸マグネットをテレビで見て早速購入したところ、石鹸受けやケースのヌルヌルから開放され、どれほどスッキリしたことか!
石鹸マグネット水がついたまま放置せず、床面から離して自然に乾燥させることも、カビやヌルヌルから守る方法。水回りのちょっとした隙間や、空いている壁に仕掛ける価値ありですね。

シンプルに風を通す

なんといってもいちばん手間とお金がかからないのは、家中に風を通すということ。
押入れ水周りの窓を開けるのはもちろんのこと、天気のよい日は押入れやクローゼットの戸をほんの少し開けておくだけで風は通ります。
風を通す+すぐできることから湿気対策に取りかかって、快適に過ごしてくださいね。

今回の記事に登場したアイテム 
炭 バーベキュー燃料(パール金属株式会社)
珪藻土バスマット(株式会社イトウ)

柳澤知伽プロフィール