包丁比較【1】三徳包丁の万能な理由とは?牛刀包丁と菜切り包丁との違いを比較

包丁比較【1】三徳包丁の万能な理由とは?牛刀包丁と菜切り包丁との違いを比較

同じシリーズの記事はこちら 
包丁比較

上の画像は三徳包丁。
肉、魚、野菜が切れることから「三徳」という名前がついていますが、万能包丁と呼ばれることも。家庭では、いちばんよく使われている包丁ですね。

日本人の食事に合わせて誕生した三徳包丁

こちらは菜切り包丁。
むかしの食事は野菜が中心だったので、包丁といえば、この菜切り包丁が主流でした。
houtyo-12明治時代に洋食文化が入ってくると、包丁はこちらの牛刀包丁が使われるように。
houtyo-9三徳包丁が、むかしむかしからあったわけじゃないなんて、ちょっと意外。
今回は、三徳包丁が万能といわれる理由を探ります。

刃の先のとんがりは何のため?

3種類の包丁をくらべてみて、まず、気になるのは刃の先の形の違い。
①菜切り包丁だけ、とがっていません。
houtyo-6①菜切り包丁(株式会社佐竹産業)
②牛刀包丁(株式会社佐竹産業)
③三徳包丁(株式会社タフコ)

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 

洋食文化が伝わって②牛刀包丁が使われるようになったのは、刃の先のとんがりが理由のひとつ。刃の先がとがっていると、食材に切り込みが入れやすいので、お肉やお魚の下ごしらえが難なくこなせます。
houtyo-16①菜切り包丁には、できないことができるということ。

ここで突然ですが、包丁基本のき!包丁には各部分で名前があります。
③三徳包丁の画像で説明します。
houtyo-13さきほどから、登場している「刃の先」「切っ先」といいます。
③三徳包丁も切っ先がとがっていますが、これは、②牛刀包丁から受け継がれた形なんです。

使いやすさの理由は刃のカーブ!

③三徳包丁②牛刀包丁の共通点はもうひとつ。それは、刃先のカーブ。
とがった切っ先から刃先はカーブになっています。
①菜切り包丁とくらべると、違いは一目瞭然です。
houtyo-17実は、このカーブが切りやすさの理由。
刃先がカーブしていると点で刃が入ります。
houtyo-2その後は、カーブに沿うように切る力が点で自然につながっていきます。
ふだんはあまり包丁を使うことがないというスタッフが、③三徳包丁できゅうりをカットしてみました。
houtyo-10刃先のカーブが、手首の動きと合って、きゅうりはちゃんと切れました。
力が1点に集中するので、極端な話ですが、少々雑に切ってもちゃんと切れるということ。

切り方にコツが必要?菜切り包丁

じゃあ、刃がカーブしていない①菜切り包丁なら?
さっきと同じようにきゅうりを切ってみると、あれれ、きゅうりがつながってしまいました。
houtyo-4③三徳包丁と同じ感覚で切ると、どうもダメみたい…
カーブのない①菜切り包丁の刃は、まな板との接触部分が大きくなります。
houtyo-3力が一定に入りにくく、ムラができてしまうので切り残しの原因に…
コツをつかめば大丈夫だと思いますが、初心者には不向きかもしれません。

菜切り包丁の得意なことは?

きゅうりでは、もうひとつ実力が発揮できなかった①菜切り包丁ですが、刃がカーブしていないからこそできることが、きっとあるはず。
例えば、大根の皮むき。円柱状の形にピッタリ合ってスムーズに切ることができます。
houtyo-15薄く長くむき続ける「かつらむき」という切り方がありますが、これは①菜切り包丁じゃなきゃといわれるほど。

他にも、①菜切り包丁の特徴といえば刃の幅。
刃の幅がしっかりあるので、レタスやキャベツなどカサの大きな野菜も切りやすいんです。
houtyo-7さすが野菜専用の包丁といわれるだけありますね。

三徳包丁なら野菜もバッチリ

①菜切り包丁の刃の特徴は、③三徳包丁にしっかりと取り入れられています。
もう一度刃の形をくらべてみると、③三徳包丁の刃元はカーブがなくまっすぐ。
③三徳包丁で大根の皮むきをするときは、刃元を使えばいいですね。
houtyo-11また、刃幅といわれる刃の幅がいちばん広いところを測ってみると、①菜切り包丁4.7cm③三徳包丁4.6cmでほとんど同じくらい!
③三徳包丁は、カサの大きな野菜も切りやすいようにしっかり考えられているんです。

三徳包丁、コレさえあれば

3種類の包丁の刃の特徴をまとめました。
houtyo-18三徳包丁は、菜切り包丁と牛刀包丁のいいとこ取り!
バランスの良い包丁ということがいえますね。
特にこだわりがなくふつうに調理するなら、三徳包丁1本持っていれば大丈夫。
万能な理由がわかりました。

今回の記事に登場したアイテム 
ステンレス三徳包丁 シェルビー(株式会社タフコ)
牛刀包丁 (株式会社佐竹産業)
菜切包丁 (株式会社佐竹産業)

同じシリーズの記事はこちら 
包丁比較