水筒保冷力比較【8】24時間経っても氷が溶けない!ステンレス製水筒は納得の保冷力♪

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較

水筒といえば保冷力!

ところで、保冷効果の高い水筒
保冷力はなくても丸ごと冷凍できるタイプだと、
飲み物の冷たさをキープできるのはどっちなの??

というわけで、
7タイプの水筒を使って実験をしています。

今回は、お待ちかねの最終結果発表!

結果はいったい……!?
これまでの実験については水筒保冷力比較【7】をご覧下さい。

 

ステンレス製水筒は、まだ氷がたっぷり!

 
まずは、実験スタートから7時間後の結果から!
  ↓  ↓

◆◇ 7時間後 ◇◆ 
1位→ フォルテック(ステンレス製水筒)氷OK 0℃
1位→ THERMOS(ステンレス製水筒)氷OK 0℃
3位→ ペットボトル(カバー有り)冷凍OK 2.8℃
4位→ プラスチック製水筒 氷OK 18℃
5位→ 紙パック 氷OK 18.3℃
6位→ ペットボトル(カバー無し)冷凍OK 20℃
7位→ 折りたたみ水筒 冷凍OK 20.9℃

 

ステンレス製水筒の水温は
まだまだ0℃をキープしています。

水筒の中を覗くと……氷がたっぷり!
THERMOS(ステンレス製水筒)7時間後

フォルテック(ステンレス製水筒)7時間後

3位をキープしている、カバー付きペットボトルの中にも
まだ氷が残っています。

ペットボトル(カバー有り)7時間後

一方、4位以下は、水温に差がなくなってきました。
完全に氷が溶けてしまっています。

 

水筒の保冷効果は一晩続く?

 
最後の計測は、実験スタートから24時間後。
当社の撮影室に一晩置いて、翌朝、温度をはかりました。
  ↓  ↓

◆◇ 24時間後 ◇◆
1位→ フォルテック(ステンレス製水筒) 氷OK 0℃
1位→ THERMOS(ステンレス製水筒) 氷OK 0℃
3位→ ペットボトル(カバー有り) 冷凍OK 21.2℃
4位→ プラスチック製水筒 氷OK 21.6℃
5位→ 紙パック 氷OK 21.7℃
6位→ ペットボトル(カバー無し) 冷凍OK 21.9℃
7位→ 折りたたみ水筒冷凍 冷凍OK 22℃

スタートから、4位以降を引き離して
3位をキープし続けたペットボトル(カバー付き)は
とうとう中の氷が溶けています。
ペットボトル(カバー有り)24時間後

一方、スタートからずっと1位&2位を独占していた
ステンレス製水筒は、まだ0℃!

恐るべし……!(;゚Д゚)!
 

水筒の中を覗いてみると、まだ氷がこんなに!
THERMOS(ステンレス製水筒)24時間後

フォルテック(ステンレス製水筒)24時間後

さっそく、残っていた氷の重さを測ってみました。

フォルテックのほうが約200g、
THERMOS(サーモス)のほうは約220g。

はじめに入れた氷の量は350gだったので、
計算すると、氷の半分以上が溶けずに残っています。
 

ランキング形式での発表を省略した分も含めて
グラフにまとめてみました。
 ↓  ↓
水筒保冷力ランキング折れ線グラフ

実験スタートから3時間くらいは、どの水筒も
中の氷水をかなり冷たくキープしていることがわかります。

変化が訪れるのは、3~5時間後!
水筒ごと冷凍した水筒は
中の氷が溶けると、ぐんぐん水温が上昇します。

一方、ステンレス製の水筒は、
24時間後まで水温0℃をキープ!

 

水筒の保冷力ランキング、発表!

 
実験結果を踏まえて、
8タイプの水筒を保冷力の面から分けてみました。
こちらです。
 ↓  ↓
水筒保冷力比較ランキング

「保冷効果で水筒を選ぶなら断然ステンレス製!」
という噂は、真実でした。
ステンレス製水筒は、やはり強かった!
フォルテック(ステンレス製水筒)

THERMOS(ステンレス製水筒)
一方、ペットボトル用の保冷カバーの効果もあなどれません。
保冷カバーを使うだけで、使わない場合と比べると
差はかなりのものに!

ペットボトル(カバー有り)

一方、上の一覧では下のほうに並ぶことになった
折りたたみ水筒と、カバーを付けない状態のペットボトルですが、
この二つのタイプの凄いところは保冷効果ではなくて
冷凍が可能なこと♪

冷凍庫から出して3時間後くらいまでは
キンキンに冷えたドリンクが飲めることがわかりました。
折りたたみ水筒
ペットボトル(カバー無し)

プラスチック製水筒や、
氷を入れたり、冷凍したりすることができなかった
アルミ製水筒についても、
いいところはたくさんあります。

この2タイプの水筒の凄いところは、
スポーツ中でも持ち運べる軽さと、丈夫さ

また、ステンレス製水筒と比べると
比較的安価なのも嬉しいメリット(´∀`)
プラスチック製水筒
アルミ製水筒
 

くらべルート水筒編、終了!

 

水筒といっても千差万別。

ぜひ、皆様のライフスタイルに合わせた水筒を
選んでみてください♪
 

さて、次回のくらべルートは?

季節は、実りの秋。
新米が美味しい季節です。

というわけで、次回のテーマは
「みんなのおにぎり事情」!

次回からは、おにぎりグッズについて
トコトン真面目に考えていきます。

 
今回の記事に登場したアイテム 
真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F(サーモス株式会社)
ダイレクトステンレスボトル 1L(和平フレイズ株式会社)
ペットボトルカバー ファンシードット(株式会社 トルネ)
ミズノ ダイレクトボトル(スケーター株式会社)

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較