水筒保冷力比較【6】氷が入る水筒vs.丸ごと冷凍できるタイプ!実験で対決♪

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較

水筒といえば保冷力!
外出先でも冷た~い飲み物を提供してくれる
真夏の強い味方です!

ところで、水筒の中には氷を入れられるタイプと、
丸ごと凍らせるタイプがありますよね?

氷が入る水筒と、丸ごと冷凍できるタイプ

冷たさをキープできるのはどっち??

というわけで、実験スタート!
 

水筒の保冷力を、時間ごとにチェック!

 

温度を測るのは、準備ができてから30分後、1時間後
2時間後、3時間後、5時間後、7時間後と、
24時間後まで冷えていて欲しい!と願いをこめて
24時間後の合計7回。

準備を終えて、中に氷が詰まった7タイプの水筒が並びました。
壮観ですね!
実験の準備の様子は水筒保冷力比較【5】をご覧下さい。
水筒保冷力比較実験の水筒一覧

さて、どうなるのか?

レッツ、くらべルート♪
 

保冷力、計測スタート!

 

実験がスタートしてから、
30分が経過しました。

さっそく計測します。
30分後の途中経過はこんな感じになりました。
 ↓ ↓

◆◇ 30分後 ◇◆
1位→ フォルテック(ステンレス製水筒)氷OK -0.1℃ 
2位→ サーモス(ステンレス製水筒)氷OK 0℃
3位→ ペットボトル(カバー有り)冷凍OK 0.8℃
4位→ ペットボトル(カバー無し)冷凍OK 1℃
5位→ 折りたたみ水筒冷凍OK 1.4℃
6位→ プラスチック製水筒氷OK 2.7℃
7位→ 紙パック氷OK 2.8℃

氷OKと付いているものは氷を入れられた水筒、
冷凍OKと付いているものは冷凍できた水筒です。

氷無しの場合の保冷力を調べた前回の実験とは
少し順位が変わりました。
前回の実験については水筒保冷力比較【1】をご覧下さい。

前回はずっと最下位にいた折りたたみ水筒が
5位まで浮上しました。
折りたたみ水筒
しかも、4位と僅差!

本体に保冷効果がないかわりに、
本体ごと冷凍できるタイプの水筒は
冷凍しておけば、バッチリ力を発揮できるようです。

 

2時間後

 
スタートから2時間経過!
2時間後の水温はこんな感じになりました♪
 ↓ ↓

◆◇ 2時間後 ◇◆
1位→ フォルテック(ステンレス製水筒)氷OK 0℃ 
1位↑ サーモス(ステンレス製水筒)氷OK 0℃
3位↑ プラスチック製水筒氷OK 0.5℃
4位↓ ペットボトル(カバー有り)冷凍OK 1.3℃
5位→ 折りたたみ水筒冷凍OK 2℃
6位↓ ペットボトル(カバー無し)冷凍OK 2.5℃
6位↑ 紙パック氷OK 2.5℃

3位以降で少し動きがありますが、どれも僅差!
順位は30分後とそれほど変わっていません。

経過報告を省いてしまったのですが
1時間後ともそれほど変わりませんでした。

あまり変化のなかった順位よりも
気になったのは、結露

実験を開始して1時間後くらいから、
水筒の中の氷水が周りの空気を冷やして
汗をかいてしまいました。

結露した水筒

結露するかどうかも、水筒選びでは大事ですよね!

というわけで、
次回は、結露した水筒とそうでない水筒について
詳しく見ていきますね。

続きをお楽しみに♪
 
今回の記事に登場したアイテム 
真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F(サーモス株式会社)
ダイレクトステンレスボトル 1L(和平フレイズ株式会社)
ペットボトルカバー ファンシードット(株式会社 トルネ)
ミズノ ダイレクトボトル(スケーター株式会社)

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較