水筒保冷力比較【5】氷を入れる派 or 冷凍派?丸ごと凍らせる水筒の実力をチェック!

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較

水筒といえば、保冷力!
水筒を持ち歩いて、冷た~い飲み物をいつでも飲めるのは
暑い夏には至福の楽しみです♪

さて、皆様はどんなタイプの水筒を使っていますか?

氷がたっぷり入るタイプ?

それとも、

ペットボトルなど、そのまま冷凍できるタイプ?
 

水筒の保冷力をトコトン比較しちゃおう♪

 
「保冷効果が抜群のステンレス製水筒」
     vs.
「本体ごと凍らせた水筒」

さて。

冷たさをキープできるのはどちら?
この実験をするまでの経緯については水筒保冷力比較【4】をご覧下さい。
 

実験を前に、スタッフで結果を予想してみました。

やっぱり、誰にとっても身近なアイテム、水筒!
いろんな意見が出ました。

「やっぱりステンレス製水筒でしょ!
 朝入れたお茶を夕方に飲んでも
 まだ氷が残ってることがあるもんね」

THERMOS(サーモス)ステンレス製水筒

「でも、ペットボトルを凍らせておいたら
 お昼にはキンキンに冷えたお茶が飲めますよ!」
 (でも、氷が溶けずに悲しい思いをすることも…)

フォルテックステンレス製水筒

なるほど~

飲み物の冷たさをキープできる点では
ステンレス製水筒も、冷凍OKの水筒も
どちらも信頼が厚いようです。

こういう時ほど、比べてみる価値があるというもの!

早速、実験、実験~!
 

氷を入れる派 or 冷凍派?

 

Let’s Try !  

まずは、実験の準備から。
 
1. 水筒に入れる氷を用意 or 水を入れて凍らせる

氷が入る水筒用に、1本につき約350gの氷を用意しました。
下の写真が約350g分!
水筒保冷力比較実験用の氷

この氷を、水筒に入れていきます。

こちらは、1リットル用の紙パック。
くどいようですが、飲み物を持ち運べるんだから
立派な「水筒」です!
紙パック

本体ごと冷凍OKの水筒は、
水筒の中に同じ量の水(350ml)を入れて凍らせました。
水筒保冷力比較実験用の氷

大量の氷を用意するため、
社内の冷凍庫をほぼ占有してしまいました(>_<)
社員の皆様の協力に感謝です!

2. 冷蔵庫で冷やした水を注ぎます

注いだ水の量は150ml。
氷と水を合わせると、全部で500mlです。

すんなり入ったものも、苦労したものもありました。
凍らせたペットボトル

フォルテックステンレス製水筒に氷を入れる

3. 時間ごとに温度を測ります
プラスチック製水筒の温度測定

さて、どうなるのか?

 

氷が入らない or 冷凍できない水筒

 
実験に使う水筒は、全部で7タイプ!
保冷力比較実験用の水筒一覧

7タイプ?

あれ?(?_?)

前回の実験では8タイプでしたよね?

そうなんです。
前回の、冷蔵庫の水を使った実験では
8種類の水筒を使って比べたのですが、
8つの水筒の中に、氷を入れることも
冷凍することもできない水筒が1つありました。

こちらのアルミ製水筒です。
アルミ製水筒

冷凍可能な設計になっていない上、
口が小さく、実験に使う氷が入りませんでした。
飲み口はペットボトルくらいなので、
細かく砕いた氷か、もともとサイズが小さな氷なら
入ると思います。
アルミ製水筒の口径

冷凍できず、氷も入れにくいなんて…

保冷効果を謳う水筒が多い中、なぜこんな水筒があるんですか?

不思議に思ったので、
当店で水筒を担当するバイヤーに尋ねてみました。

すると、返答は……

「アルミ製の水筒のいいところは、
 とにかく軽さと丈夫さ!
 保冷効果は二の次なんです」

とのことです。

そういえば、山ガールなチームリーダーからも
この水筒は「山で使うやつ!」と情報をもらっていましたね。

山登りやスポーツの最中に水分補給をする場合は、
キンキンに冷えた飲み物よりも、少しぬるいほうが体に優しいのだそうです。
そういうわけで、スポーツ用の水筒に求められるのは
持ち運びの便利さや軽さ
で、保冷力は求められていないのだとか。

こちらのプラスチック製水筒もスポーツブランドのもので、
保冷力よりも、軽さが売りなのだそうです。
プラスチック製水筒

なるほど~。

水筒にもいろいろあるんですね!

もちろん、今回使ったアルミ製水筒がたまたま口が狭かっただけで、
氷が入る広口タイプのアルミ製水筒も売っていると思います。
軽くて頑丈で、氷が入れられるアルミ製の水筒をお探しの方は
ぜひ探してみてください!

さて。
実験準備が整ったところで、次からは実験スタート!

お楽しみに♪
 
今回の記事に登場したアイテム 
真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F(サーモス株式会社)
ダイレクトステンレスボトル 1L(和平フレイズ株式会社)
ペットボトルカバー ファンシードット(株式会社 トルネ)
ミズノ ダイレクトボトル(スケーター株式会社)

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較