水筒保冷力比較【4】ペットボトルも、保冷カバーをつければランキング上位!

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較

保冷力の高い水筒といえば「ステンレス製が抜群!」とよく聞きますが
本当に比べてみるまでは、わからないよね??

と、いうわけで。
8タイプの水筒を使って、保冷力を調べる実験をしています♪

今回は、5時間後の最終結果の発表からスタート!
これまでの実験については水筒保冷力比較【3】をご覧下さい。
 

水筒の保冷力ランキング、発表!

 

実験スタートから5時間後。
最終順位はこうなりました。
 ↓
水筒保冷力ランキング

1位 フォルテック(ステンレス製水筒) 11.5℃
2位 THERMOS(ステンレス製水筒) 12℃
3位 ペットボトル(カバー有り) 20℃
4位 紙パック 21.8℃
4位 プラスチック製水筒 22℃
6位 ペットボトル(カバー無し) 22.1℃
7位 アルミ製水筒 22.4℃
7位 折りたたみ水筒 22.4℃

室温は23度、比較用に用意した常温の水は23.3度でした。
3位以下の水筒は、
室温に近い20℃以上に水温が上がっています。

1位&2位は初めから変わらず、ステンレス製水筒
5時間経っても、4℃前後しか水温が上がりませんでした。

 
やっぱり、
ステンレス製水筒は強かった!ヽ〔゚Д゚〕丿

フォルテック(ステンレス製水筒)
THERMOS(ステンレス製水筒)

水筒の保冷力をタイプ別にチェック!

 
ランキング形式での発表を省略した
30分後、1時間後、2時間後、3時間後の結果もまとめると
こんな感じになりました。
 ↓  ↓
水筒保冷力のタイプ別比較

うーん……数字だらけ。。
ちょっとわかりづらいですね(^_^;)

ですので、
実験の結果から、8タイプの水筒を
保冷効果の高い順⇔低い順に並べてみました♪

左側に並んでいるのはより保冷力の高い水筒
右側に並んでいるのは、残念ながらほかに比べると保冷力の低い水筒です。
 ↓ ↓
水筒保冷力のタイプ別比較イラスト

 A:ステンレス製水筒(フォルテックシリーズ)
 B:ステンレス製水筒(THERMOS(サーモス))
 C:ペットボトル(ペットボトルカバー付き)
 D:プラスチック製水筒
 E:紙パック
 F:ペットボトル(ペットボトルカバー無し)
 G:アルミ製水筒
 H:折りたたみ水筒
 (上から順に、今回の実験で保冷力の高かった順です)
 

ステンレス製水筒を追いかけ続けた3位は、
ペットボトルカバーを付けたペットボトル!
ペットボトル(カバー有り)24時間後

ペットボトルカバーと一口に言っても、
格安なものからブランド品まで、さまざまありますよね。

今回実験に使ったのは、
当店で500円程度で販売している商品で
内張りの断熱素材の効果は、比較的普通レベルかと思います。

それでも、ステンレス製水筒に次ぐ威力!

これにはびっくり!
 

4位と5位の座は、
紙パックとプラスチック製水筒が争っていました。

紙パック
プラスチック製水筒

どちらの水筒も、
はじめからついている保冷機能はありません。

つまり、紙パックの紙とプラスチックだったら、
紙パックの紙のほうが素材の保冷性は優れている?
っていうことでしょうか。

でも、紙パックには致命的な欠点が!
一度開けてしまうと、封をすることが難しい…ですよね?

今回の実験でも、紙パックは洗濯バサミ(^_^;)で仮封しました。
紙パックを閉じる
水筒としては、プラスチック製水筒のほうが便利!

 

やっぱり、ステンレス製水筒の保冷効果は抜群!

でも……

さすがはステンレス製水筒、うんうん(´∀`)

となるのは、まだ早いですよ!

折りたたみ水筒やペットボトルは、冷凍できるんです!
 

氷を入れる派? or そのまま凍らせる派?

 

水筒の中には、氷が入るように口が大きく開く設計のものや
冷凍に耐えられる素材のものがあります。

ここで、さらに実験!

氷が入る水筒には氷を入れて、
冷凍OKの水筒は冷凍庫でガッチガチに凍らせて
もう一度温度を計測をしてみます♪

というわけで、
実験のために、たっぷりの氷を用意しました。
(社内の冷凍庫をほぼ独り占めしてしまいました……
 社員の皆様の協力に感謝!)
水筒保冷力比較実験用の氷
↑これ、ぜーんぶ使います!
 
「保冷効果が抜群のステンレス製水筒」
     vs.
「本体ごと凍らせた水筒」
の、勝負の行方は?

次の水筒ランキングをお楽しみに!

 
今回の記事に登場したアイテム 
真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F(サーモス株式会社)
ダイレクトステンレスボトル 1L(和平フレイズ株式会社)
ペットボトルカバー ファンシードット(株式会社 トルネ)
ミズノ ダイレクトボトル(スケーター株式会社)

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較