ふとん圧縮袋比較【1】いやな臭いの原因は掃除機の逆流!安心な圧縮袋は?

ふとん圧縮袋比較【1】いやな臭いの原因は掃除機の逆流!安心な圧縮袋は?

同じシリーズの記事はこちら 
ふとん圧縮袋比較

ふとんは圧縮袋を使えば収納スペースが3分の1に

季節はずれのふとんやお客様用のふとんを片付けたら、押し入れがパンパン!
そんなお悩みはありませんか?

かさばるおふとんの収納スペースを小さくして、押入れやクローゼットを有効利用するのに便利なのが、ふとん圧縮袋。

使い方はカンタン!

●よく乾かしたふとんを入れて…

圧縮作業1●ファスナーを閉めて、掃除機で吸引
圧縮作業2手順は、以上!

もとのサイズと比べると、約3分の1以下。かなり小さくなりました。
使用前使用後2

ふとん圧縮袋の種類

実は、ふとん圧縮袋にも種類があります。

今回比較のために集めたのは、こちらの4種類。
4アイテム集合①自動ロック式圧縮袋(レック株式会社)
②ふとん圧縮袋M2枚(レック株式会社)
③ふとん圧縮袋L(ダイソー)
④バルブ式衣装ケース用圧縮袋(ダイソー)

 ※(カッコ)の中はメーカー名・取扱先、以下省略。

ふとん圧縮袋というのは、ふとんが入る大きなビニール袋の口の部分にファスナーがついたアイテムのことで、掃除機を使う圧縮袋の場合、種類は大きく分けて2つあります。
シンプルなスタンダードタイプと、バルブがついているバルブ式です。

実際の比較の様子はこちら!

スタンダードタイプのふとん圧縮袋は作業の早さが命!

まずこちらが、スタンダードタイプのふとん圧縮袋。

「ふとん圧縮袋」と聞いてまずイメージするのは、このタイプなのでは?
ダイソー圧縮袋使用イメージふとんを入れてファスナーを閉める時に5~6cmほど隙間を空けておき、掃除機のノズルを差し込んで中の空気を抜いていきます。

圧縮が終わったら、ノズルを抜きつつ残りのファスナーをサッと閉じる。
ポイントは、せっかく抜いてしまった空気が入らないようになるべく急ぐこと!
圧縮作業4「しまった、せっかく圧縮したのに隙間が空いていて、はじめからやり直し!」
こんなトラブルが起こりがちなのも、このタイプ。

急いでファスナーを閉じるので、「実は閉じきっていなくて空気が漏れていた」なんてことも。
ちょっとした苦労話がつきものの、昔ながらのタイプです。

「ふとんが臭う」原因は、掃除機の中の空気の逆流

ふとんを取り出そうと圧縮袋を開けた時に、ぷ~んといやな臭いがすることがあります。

実はこれ、掃除機のノズルを差し込んで圧縮するこのタイプならではのお悩み。

圧縮の途中で掃除機を止めたり、吸引するパワーが落ちたりすると、掃除機の中の空気が圧縮袋の中に逆流してしまいます。
圧縮作業ノズルノズルの先にあるのは、掃除機内のゴミ袋。
中にはゴミやほこりだけでなく、ダニやバイキンが潜んでいることもあります。
汚れた空気が圧縮袋に逆流すれば、大事なふとんをほこりやダニと一緒に圧縮保管……なんていう恐ろしい事態になり、これが「いやな臭い」の原因になるんです。

そこで、このタイプの圧縮袋を使う場合に必ず気をつけたいことはこれ!

●ノズルが圧縮袋の中にあるうちは決して吸引を止めない
●掃除機のパワーをオフにするのは、ノズルを抜いた後に

また、圧縮作業をする前に、掃除機の中のゴミを捨てるようにしましょう。

安心を求めるなら、バルブ式のふとん圧縮袋

こちらは、バルブ式の圧縮袋。
圧縮袋にまるいバルブがついています。
バルブ式単体バルブ式の圧縮袋は、このバルブに掃除機のノズルを当てて中の空気を吸い出します。

実はこのバルブ、掃除機で吸引している間は隙間が開き、掃除機を離すと自動的に弁が閉じるオートロック式。

逆流しそうになると勝手に弁が閉じるので、昔ながらのスタンダードタイプのように「ふとんと一緒にバイキンまで圧縮」ということは起きません。

また、圧縮が終わってから慌てて残りのファスナーを閉める必要もナシ。

掃除機を当てて、圧縮後に離すだけで、圧縮完了。
圧縮を始める前にファスナーがきっちり閉じていることも確認できるので、失敗知らずなんです。
圧縮作業バルブ式1いいことだらけのバルブ式圧縮袋ですが、デメリットは、若干お値段が高いこと。

ふとんが2枚入るサイズの場合、掃除機のノズルを差し込んで圧縮するスタンダードタイプなら200円~500円くらいで買えますが、バルブ式の圧縮袋は600円~1000円程度。
すこし割高ですね。

100円ショップのふとん圧縮袋

100円ショップでも探してみたところ、スタンダードタイプのふとん圧縮袋を発見!
ただし、100円ショップですが、1枚200円で販売されていました。
ふとん圧縮袋-バルブ式の圧縮袋も発見。
ただしこちらは、ふとん用ではなくて衣装ケース用。
バルブ式は割高なせいか、ふとんを圧縮できる大きなサイズの商品は見つけられませんでした。
バルブ式圧縮袋ダイソーそれに、よく見るとバルブの部分もちょっと違う?
圧縮袋バルブ比較100円ショップのバルブ式圧縮袋の場合、掃除機で圧縮した後に、くるくるっとバルブを回して隙間を閉じなければいけませんでした。
ノズル式衣装ケース用掃除機のノズルを抜いた後に慌ててファスナーを閉じる手間は省けますが、逆流を防ぐ弁はナシ。

同じバルブ式とはいえ、掃除機を当てたり離したりするだけで圧縮できるオートロック式と、そうでないものがあるようです。

「安心&手軽」「リーズナブル」重視するのはどっち?

4種類の圧縮袋の違いをまとめてみます。
ふとん圧縮袋タイプ別比較バルブ式の圧縮袋は安い商品も販売されていますが、バルブによっては機能が違う場合もあります。
バルブ式を選ぶ理由が「逆流を防いでふとんを清潔に保つため」なら、オートロック機能があるかどうかも必ずチェックしましょう!

圧縮したはいいけれど、すぐにふくらむ?

ふとん圧縮袋を使う上で気になるのが、圧縮された状態がちゃんと続くのかということ。
圧縮袋スタンダード2枚作業直後2そこで、実際にふとんを圧縮した後、48時間後までの様子を観察してみます。

続きは次回、ふとん圧縮袋比較【2】で!

今回の記事に登場したアイテム 
自動ロック式圧縮袋(レック株式会社)
ふとん圧縮袋M2枚(レック株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
ふとん圧縮袋比較