三徳包丁

キーワード解説
肉、魚、野菜のすべてに対応し、バランスよく切ることができる両刃の包丁のこと

三徳包丁は、肉、魚、野菜のすべてを切ることができるため、三つの徳とされ、このように呼ばれるようになりました。
明治以前は、菜切包丁や薄刃包丁という野菜を切るための包丁が主流でしたが、肉料理などの洋食文化が入ってきたことにより包丁にも変化がありました。刃先の先端部分が尖っていて、刃渡りの長い牛刀包丁が受け入れられ、その後、日本人の食生活に合わせて改良され今の三徳包丁の形になりました。

三徳包丁は、一般家庭で最も使われている包丁です。刃先がゆるやかにカーブしており、刃先の先端部分が尖っています。刃先のカーブにより、一点に力を集中させることができるため切り残しが少なくなります。これが初心者でも使いやすいと言われる所以です。また、尖った刃先の先端で、肉の筋切りができ、魚をさばくこともできるので、万能包丁ともいわれています。

刃渡りは15cmから20cmくらいですが、やや小さめの小三徳包丁もあります。こちらは刃渡り13cmくらい。手の小さな方には、小三徳包丁のほうが使いやすいかもしれません。
また、三徳包丁に限ってではありませんが、包丁の材質は今も進化し続けています。
もともと包丁の材質は鋼でしたが、錆びにくいステンレスとなり、さらに錆に強いセラミック、チタンと新素材の包丁が作られています。

houtyo-31

今回の記事に登場したアイテム 
シェルビー 三徳包丁(株式会社タフコ)