セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)

キーワード解説
セスキ炭酸ナトリウムのこと。重曹とともに、ナチュラルクリーニング用のアルカリ剤として人気。

セスキ炭酸ソーダは、重曹とともに、肌にも環境にもやさしいエコな洗剤として人気です。
実は、セスキ炭酸ソーダは、重曹に炭酸ナトリウムが加わったもの。
だから、重曹よりもアルカリ性が強く、しかも強力な洗浄効果をもっています。

お掃除方法の基本は、水に溶かしてスプレー容器に入れ、お掃除をしたい場所に吹きかけて、浮き上がってきた汚れを雑巾などで拭き取ります。
水溶液を作る時の目安は、水500mlに対してセスキ炭酸ソーダ小さじ1程度。
この方法はセスキ炭酸ソーダも重曹も同じですが、大きな違いがひとつあります。
重曹の場合は水に溶けにくいので、作り置きができませんが、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、スプレー容器に入れたまま常備することができます。
ただし、作り置きをする場合も、2~3週間で使い切るようにしましょう。

セスキ炭酸ソーダがとくに得意なのは、漬け置き洗い。
焦げ付いた五徳や鍋底など、重曹では落ちなかったガンコな汚れも落とすことができます。
油汚れや皮脂汚れ、血液汚れに強いので、コンロ周りの掃除や、ドアノブなど金属についた手垢掃除、布ナプキンの洗濯など、幅広く使うことができます。
ただ、苦手なことも。フローリングなどの木材や、ラグなどの繊維、畳、アルミなどに使うと、変色する恐れがありますので、使用できません。
また、重曹にある消臭剤や研磨剤としての効果は、セスキ炭酸ソーダにはあまりありません。
どちらが洗剤として優れている、劣っているということはありませんので、効果を知った上で使い分けましょう。

スプレーボトル
今回の記事に登場したアイテム 
アルカリウォッシュ 1kg(株式会社 地の塩社)