水筒保冷力比較【3】保冷力を比べちゃえ!ステンレス製水筒は本当に最強?

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較

水筒といえば、保冷力!

保冷力といえば「ステンレス製の水筒が抜群!」とよく聞きますが
実際のところどうなの??

わからないなら、比べてみればいいじゃない!

というわけで、
今回は、水筒にまつわる実験企画の3回目です。
 これまでの内容については、水筒保冷力比較【1】をご覧下さい♪

さっそくですが、
8タイプの水筒を使って、保冷力を調べてみますよ!

レッツ、くらべルート♪
 

水筒に冷水を入れて、準備OK!

 
まずは、実験の準備から。

Let’s Try !  

1. 一晩冷蔵庫で冷やした水を500mlずつ用意します

水筒保冷力比較実験「冷水を入れる」

2. それぞれの水筒に注ぎます

THERMOS(サーモス)ステンレス製水筒に冷水を入れる

3. 温度を測ります
プラスチック製水筒

すべての水筒に冷水を入れて、
準備が整いました!
水筒保冷力比較実験準備完了

準備ができたところで、
それでは!

実験、スタート!

 

水筒の保冷力を比べちゃえ!

 

まずは、スタート時の水温を計測します。
プラスチック製水筒
水の温度は、7.8℃。

水筒の保冷力が低ければ、この7.8℃の水がどんどんぬるくなっていくはず。
水筒の保冷力が高ければ、温度上昇は少なくて済むはず!

どの水筒の水が、どれだけ水温が上がるのか?

時間を追って、計測していきますよ♪

 

冷たさキープできる水筒は?

 
記念すべき最初の計測は
スタートしてから15分後!

まずは、ステンレス製水筒代表。
魔法瓶のパイオニアメーカーTHERMOS(サーモス)の水筒
THERMOS(サーモス)ステンレス製水筒本体
15分後の温度は9.4℃。
スタート時から1.6℃上がりました。

続いて、同じくステンレス製水筒代表のフォルテックシリーズ。
測ってみると、9.3℃。
スタートから1.5℃上昇しました。
THERMOS(サーモス)の水筒と僅差です♪
フォルテックステンレス製水筒本体

続いて、プラスチック製水筒
温度を測ってみると12.8℃で、スタートから5℃上昇!
プラスチック製水筒本体

……という感じで、それぞれ測っていくと、
15分後の途中経過はこんな感じになりました♪

◆◇ 15分後 ◇◆
1位 フォルテック(ステンレス製水筒) 9.3℃
2位 THERMOS(ステンレス製水筒) 9.4℃
3位 ペットボトル(カバー有り) 11.3℃
4位 紙パック 12.7℃
5位 プラスチック製水筒 12.8℃
6位 ペットボトル(カバー無し) 12.9℃
7位 アルミ製水筒 14.3℃
8位 折りたたみ水筒 15.5℃

1位&2位はステンレス製の水筒!
やっぱり強いですね~(゚∀゚ )

フォルテックステンレス製水筒
THERMOS(サーモス)ステンレス製水筒

結果は、5時間後まで追いかけます。

最終結果はどうなるのか?

お楽しみに♪

 
今回の記事に登場したアイテム 
真空断熱スポーツボトル FFZ-1000F(サーモス株式会社)
ダイレクトステンレスボトル 1L(和平フレイズ株式会社)
ペットボトルカバー ファンシードット(株式会社 トルネ)
ミズノ ダイレクトボトル(スケーター株式会社)

同じカテゴリーの記事はこちら 
水筒保冷力比較