重曹

キーワード解説
炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダのこと。料理やナチュラルクリーニングなど、さまざまな用途に使われている。

重曹を使うと効果的なお掃除は、主に油汚れの洗浄と研磨です。
重曹は油と混ざると石けんの性質をもちます。
重曹に少量の水を足してペースト状にして、油でギトギトになった換気扇やコンロ、お鍋などを洗うと、汚れとしてくっついている油の力を利用して石鹸に変わり、汚れを中和しながら取り除いてくれます。
また、重曹を粉のまま使うと、クレンザーとして使えます。
これは、重曹の粒子が細かく水に溶けにくい性質を利用したもので、茶渋がついた湯のみや、水垢でくもったシンクを磨き上げるのに便利です。

また、重曹は「ふくらし粉」としてお料理にもよく使われます。
重曹に、レモン汁やお酢など、酸性のものを加えると炭酸ガスが発生して発泡します。
ふくらし粉として使うのは、この発泡作用を利用したもので、炭酸せんべいやどらやき、カルメ焼などに使われます。
重曹に水とクエン酸を混ぜると炭酸水ができますが、これに砂糖を混ぜたものが「サイダー」です。
この性質を利用して、お風呂のお湯に重曹とクエン酸を入れると、炭酸風呂を楽しむことができます。

お掃除やお料理のほかにも、気体や液体を吸収する性質を生かして消臭剤として使ったり、酸性(汚れ)を中和させる作用を利用してうがい薬として使ったり、さまざまな用途に使うことができます。

重曹には、「医薬品用」「食用」「農工業用」とグレードが3つあります。
グレードは、どれだけ重曹が高純度で安全性を保証されているかを示しています。
最もグレードが高いのは「医薬品用」で、次が「食用」ですが、「農工業用」になるとやや品質が劣り、不純物が混じっている可能性もあります。
そのため、「農工業用」の重曹は、入浴剤など、スキンケアの用途には使えません。

重曹

今回の記事に登場したアイテム 
国産重曹100%(株式会社 地の塩社)