ホーロー鍋(琺瑯鍋)

キーワード解説
ガラス質のうわぐすりでコーティングされた鉄やアルミニウムなどの鍋のこと。

ホーロー鍋は、金属の強度と熱伝導のよさ、優れた加工性と、ガラスの錆や酸に強いという耐食性を持ちあわせています。
ホーロー素地といわれる金属は鍋の形に成形され、まず、ガラス質のうわぐすりがしっかり付着するように表面の錆や油が落とされます。そして、ガラス質のうわぐすりをかけて乾燥した後、高温で焼成されます。
ガラス質のうわぐすりとは、シリカ(二酸化ケイ素)を主成分としたもの。光沢が美しく装飾性に優れています。ホーロー鍋のカラーバリエーションが豊富なのはそのためです。

鍋の材料や成形工程に違いがあることから、鋼板ホーローと鋳物ホーローに区別されることがあります。鋼板ホーローは、板状の金属を切断したり溶接したりして鍋に成形するため、厚みが薄く、熱の伝わりが早いのが特徴。一方、鋳物ホーローは溶かした鋳鉄を型に流し込んで成形されるため、厚みがあり保温性に優れているので煮込み料理に向いています。有名なル・クルーゼは、この鋳物ホーローになります。
どちらのホーロー鍋も、ガラス質のうわぐすりが金属の素地を守ってくれるので、丁寧にお手入れをすれば長く使うことができます。
しかし、ガラスと同じく、急な温度変化に弱いため、調理後の熱い鍋を冷たい水ですぐに洗ってはいけません。コーティングが割れる原因になりますので、温度が下がってから洗うようにしましょう。

その他、調理面での長所は臭いが付きにくいということがあげられます。
金属の臭いが食材につかない、鍋にも食材の臭いがつかないので、料理がおいしく仕上がり、お手入れも楽です。
酸に強いため、酸味の強いお酢を使った料理や、果物のジャムなどにも向いています。
また、アルカリや塩分にも強いため、鍋だけでなく保存容器にもホーローは使われています。味噌や梅干しの保存には最適です。

ル・クルーゼ

今回の記事に登場したアイテム 
ル・クルーゼ ココット・ロンド(株式会社ワイ・ヨット)
※(カッコ内)は取り扱い先