お肉を美味しく冷凍保存!3つの基本ポイントと包み方実例

お肉を美味しく冷凍保存!3つの基本ポイントと包み方実例

お肉をパックごと冷凍すると味が落ちる!

お買い得の大きなパックのお肉、特売だったお肉、買いだめしたらどうやって保存しますか?

すぐに使い切れない分は、パッケージのまま冷凍庫へ入れてしまいたくなりますが、ちょっと待って!
お肉の冷凍テクそのまま凍らせてしまうとダメなんです。
使いづらいだけでなく、味も落ちてしまいますよ。

今回は美味しくお肉を冷凍保存するためのコツをご紹介します。

最も大事なのは「お肉の鮮度を落とさない」ということ。

ビニール袋、ラップ、ジップ付き袋や金属トレーを活用して、冷凍前にひと手間かけましょう。

基本的には3つのポイントがあります。

ポイント1 小分けしてから冷凍する

お肉の冷凍保存用1使い道をある程度決め、1回に使う分ずつに小分けして包み直しましょう。

そうすると、使うときに取り出しやすいので、使わない分まで解凍してしまい劣化させるのを防ぐことができます。
お肉の冷凍法(下味をつける)このとき、何の料理に使うかはっきりしているなら、使いやすい大きさにカットし、下味をつけておきます。
味が染み込みやすいというメリットもありますよ。

たとえば……
●鶏の唐揚げ用に一口大にカットし、下味用調味料と一緒にビニール袋に。
●味付き焼き肉用につけダレと一緒にビニール袋に。
●とんかつ用に筋切りをし、塩こしょうしてからラップで包む。

使い道がはっきりしていない場合は、家族の人数×100グラムを1単位として分けておくと便利です。

ポイント2 空気が入らないよう密封する

お肉が空気に触れると酸化し、鮮度が落ちるので色も味も悪くなります。

また、冷凍庫の中でパッケージが破れると、その周辺が「冷凍焼け」と呼ばれる状態になり、乾燥し変質してしまいます。
こうした劣化を避けるために、買ってきたときの発泡スチロールのトレーを外し、丁寧に包み直して密封しましょう。
004-2

ポイント3 急速冷凍する

お肉の冷凍法(急速冷凍)なるべく平たく包んだお肉を、金属製の平らなトレーにのせて冷凍庫へ入れます。
肉の温度を急速に下げ、早く冷凍することができるからです。
早く芯まで凍らせると、細胞の劣化が最小限で済み、お肉の風味や食感を保つことができます。

こうした金属トレーは、アルミ製、ステンレス製やホーロー製のものが市販されていますし、お菓子の缶のフタ等おうちにあるものを使ってもOK。
お肉の冷凍保存用道具我が家では、18㎝角の小さいトレーを数枚と、アウトドア用のホーローのお皿を活用しています。
18㎝角の方は、100円ショップの製菓コーナーにあるトレーです。
このくらいの大きさだと冷凍庫の中でかさばらず、重宝しますよ。

お肉の種類別包み方実例

小間切れ肉
1回分ずつラップで包み、数個まとめてジップ付き袋に入れます。
用途:炒め物、カレーその他
007
厚切り肉
1枚ずつラップで包み、金属トレーの上で凍らせてからジップ付き袋に入れます。
用途:ステーキ、カツなど
お肉の冷凍法(厚切り肉)
薄切り肉
豚バラなどの薄切り肉は、きれいに並べられてパックされているのでそれを崩さないよう、長さだけ好みにカットしラップで包みます。
用途:お好み焼き、包み焼き、鍋など
薄切り肉
手羽先(骨付き肉やササミなど)
金属トレーの上に重ならないように並べ、数時間凍らせてから、ばらばらにしてジップ付き袋に入れます。
ばらばらにしておくことで、必要な個数取り出しやすく、解凍時もスムーズです。
用途:揚げ物、煮物、スープなど
010
ひき肉
買ってきたひき肉のトレーをひっくり返し、包んであるラップを広げます。
トレーを取り外し、四角い形にひき肉を整えて広げてあったラップで包みます。
包んだら裏返し、菜箸などで小分けするための筋をつけ、金属トレーにのせて凍らせます。
凍ったらジップ付き袋へ。使うときは筋目に沿って簡単に割ることができます。
用途:ハンバーグ、炒め物、ひき肉あんなど
011-1
鶏肉
1枚ずつ広げ、平らにして包みます。
できれば厚みのある部分を「観音開き」して全体の厚さを同じくらいにすると理想的。
個人的にはラップよりもポリ袋の方が包みやすいです。
凍ってからジップ付き袋にまとめます。
用途:カツ、照り焼き、煮物など
012
かたまり肉
家庭の冷凍庫では急速冷凍しにくく、解凍にも時間がかかって傷みやすいため、かたまりのまま冷凍するのはあまりおすすめできません。
用途に合わせてカットしてから冷凍するか、既に冷凍になっているものを購入しましょう。
または冷凍前に火を通すか、味付けして「半調理」の状態で冷凍するなら、大きいまま冷凍保存しても比較的美味しさを保てます。
かたまり肉
ウインナー
そのままジップ付き袋に入れてもOK。
皮がぱりっと厚いタイプのウインナーは、冷凍すると皮が裂けることがありますので、気になる場合はあらかじめ切り込みを入れてから冷凍します。
用途:炒め物、焼き物、スープなど。ウインナーは凍ったまま調理も可能です。
013

冷凍したお肉はどのくらい日持ちするの?解凍のコツは?

家庭で冷凍した肉類は、2週間から3週間程度を目安に使い切るようにします。

きちんと包んで冷凍していても冷凍庫の開け閉めなどの温度変化で劣化することは避けられないので、早めに使いましょう。
袋に日付を記入しておくと便利です。

美味しく解凍するには、できるだけ低い温度でおこなうのがコツ。
冷蔵庫で一晩置くか、密封状態のままボウルに張った氷水に浸けて1、2時間置くと上手に解凍できます。

急ぐときは密封したままで、流しっぱなしの水に浸けると15分くらいで解凍できますよ。

racssプロフィール