対流

キーワード解説
空気や液体が温められることによって空気や液体が移動する流れのこと。この移動によって生じる熱の伝わり方を指すこともある。

お湯を沸かす時を例にしてみましょう。水を温めると膨張して密度が小さくなります。
密度が小さくなるというのは軽くなるということです。温められた水は軽くなり上昇します。
まだ温められていない水は、温められた水より密度が高く重いので下降します。
こういった移動現象を対流といいますが、この一連の移動が何度も繰り返されて、徐々に熱湯となっていくという熱の伝わり方のことを指す場合もあります。
熱の伝わり方は3パターンあり、対流の他に、伝導、輻射があります。

自然の対流にまかせておくと、水や空気がの温まり方が平均しないことがあり、生活の場面では困ることがあります。
例えば、お風呂のお湯が上の方だけ熱い時や、部屋で足元だけ冷えるなど、自然の対流では、温度や気温の差が生じます。手でかき混ぜたり、サーキュレーターや扇風機を使って空気をかきまぜるなど、人工的に対流を起こすと解消されます。

対流