すべらないハンガー

キーワード解説
かけた服の型崩れや滑り落ちを防ぐために、表面に特殊加工が施されたハンガー

塩化ビニールでコーティングしてあるハンガーや、フロック加工(起毛加工)がされたハンガー、表面全体ではなく部分的にすべりにくい加工がされたものなど、多くの種類があります。
ドイツのMAWA社が販売するMAWAハンガーや、オランダのROLYKIT社が日本向けに展開しているダッチハンガーに代表されますが、よく似た商品が100円ショップや量販店等でも販売されています。
1本あたり数十円の商品から、1本あたり数百円するものまで価格はさまざまですが、値段が高いものほど壊れにくく、長く使える傾向があります。
ハギレをハンガーの表面に巻きつけて、かけた服をずれにくくさせるハンドメイドのアイディアも定着しました。
このようなハンガーは、幅が薄いスリムハンガーによく見られますが、ジャケットやコートなどをかける厚めのハンガーや、パンツやスカート専用のハンガーにも同じように特殊加工をされたものがあります。
ハンガーは服の収納のためだけでなく、服を休ませるアイテムでもありますので、すべらないハンガーを使う際には、衣類に合った形のハンガーを選びましょう。

実験1スリムマジック2

今回の記事に登場したアイテム 
MAWAハンガー レディースハンガー3P(長塩産業株式会社)
ニュースリムマジックハンガー5本組(長塩産業株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
スリムハンガー比較

The following two tabs change content below.
編集部ozawa

編集部ozawa

お弁当グッズならなんでも揃うお店「カラフルボックス」のスタッフが、お弁当や水筒などお弁当関連グッズを中心に、生活雑貨全般を実際に使いながら、みんなの悩みを解決♪ 違いの分かりにくいアイテムの場合は、本格的な比較実験も行っています。是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。