結露

キーワード解説
窓ガラスや、暖房をつけていない部屋の壁など、温度差が大きい面に水滴がつくこと。

冬によく見られる結露は、冷たい空気と暖かい空気が接する面で見られる自然現象です。
冷たい飲み物を入れたグラスの周りに水滴がつくのも同じ現象です。
これは、空気が含むことができる水蒸気量に由来しています。
暖房の効いた室内など、暖かい場所にある空気は、比較的たくさんの水蒸気を空気中に含むことができますが、室外など、寒い場所にある冷たい空気は、暖かい場所ほど空気を含むことができません。
そのため、窓ガラスなど、暖かい空気と冷たい空気が接する場所では空気が冷やされるので、それまで空気に混じっていた水蒸気が水滴に戻ります。
温度差が大きいほど結露が発生しやすくなるので、結露を防ぐには、二重窓や、窓に貼る断熱シート、厚手のカーテンなどを利用して、室内の暖かい空気と室外の空気の間に空気の層をつくる工夫が必要です。
また、換気をこまめにおこなって、室内の温度や湿度を上げすぎないのも効果的です。

結露で湿った床や壁をそのままにしておくと、家屋の内装が損傷したり、カビが発生したりする原因になります。
結露で濡れた窓や床はこまめに水滴を拭き取って、乾燥させるようにしましょう。

窓の結露

今回の記事に登場したアイテム 
強力結露吸水テープ(株式会社ニトムズ)

関連記事はこちら 
結露対策グッズ比較