まな板材質比較【3】プラスチックの刃当たりはやっぱり悪い?硬さをチェック

まな板材質比較【3】プラスチックの刃当たりはやっぱり悪い?硬さをチェック

同じシリーズの記事はこちら 
まな板材質比較

7種類のまな板でねぎを切り、その後のまな板の様子を顕微鏡で観察しています。
(詳しい手順は、まな板材質比較【2】へ)
まな板の硬さは、切れる切れないに関係する?

今回は、プラスチックのまな板について徹底調査!
集めたのは、こちらの3種類のまな板。
プラスチックまな板①耐熱抗菌まな板(新輝合成株式会社)
②イラストパレットブルーム(新輝合成株式会社)
③ビタクラフト抗菌まな板(ビタクラフトジャパン株式会社)

※(カッコ)内はメーカー名、以下省略。

手に伝わるプラスチックまな板の硬さ

まずは、プラスチックまな板の代名詞ともいえる白いまな板、①耐熱抗菌まな板から。
いざ、切ろうとしたところ、まな板がカタカタ。
なんだか安定しない…と思いながらも、ねぎを30回カット。
プラスチックまな板の刃当たり切るたびに、包丁がまな板にカツンカツンと当たるのは、前回の木のまな板にはなかった感覚。
なんだか、まな板が包丁をはね返すようです。
まな板が硬くて、刃当たりが悪いというのはこういうことなんですね。

カットしたねぎを見てみると、何とつながっているものを発見。
これです!
ねぎがつながる切れていると思っていたのに、切れていないこの状態。
こんなことが毎日続くと、ちょっとストレス。

その他のまな板の使用感は?

さて、次は②イラストパレットブルーム
カタカタ動くこともなく、安定感はバッチリ!まな板の硬さも、それほど気になりません。
①耐熱抗菌まな板とくらべると、刃当たりは良いといえます。
manaita-52こちらは、ねぎもつながることなく、しっかり切り離すことができました。

③ビタクラフト抗菌まな板は、とても柔らかくて刃先がまな板に吸い込まれる感じ。
先ほどの②イラストパレットブルームより、さらに刃当たりの良いまな板といえます。
ビタクラフトまな板こちらもねぎはつながらず、切り離すことができました。

プラスチックまな板の包丁傷は?

次に、切った後のまな板に包丁傷が付いているのかどうかチェックします。
パッと見た感じでは、ちょっとよく分かりません。
プラスチック
というわけで、パソコンにつないで撮影ができるという、こちらのデジタル顕微鏡で見てみることに。
デジタル顕微鏡
3種類のまな板の包丁傷をまとめました。
顕微鏡でも、なかなか見つけられない、ほんの少しの傷です。
分かりにくいですが、赤い矢印の先にそれぞれ傷が確認できますね。
プラスチックまな板の傷30回もねぎを切ったわりに、どのまな板も包丁傷は少ない…
そんなに違いはありませんが、①耐熱抗菌まな板の傷が太くて目立ちます。
たしか、こちらのまな板、硬くて刃当たりが悪く、ねぎもつながってしまいましたね。

プラスチックの材質と硬さをチェック

①耐熱抗菌まな板は、プラスチックの中でもポリエチレン製。
細かくいうと、ポリエチレンの中でも、硬さが特徴の高密度ポリエチレンです。

なるほど…プラスチックにも色々あって硬さに違いがあるということですね。

というわけで、3種類のプラスチックまな板の材質と硬さについてまとめました。
プラスチック材質表ポリエチレンとポリプロピレンは、よく耳にするプラスチックの代表格ですね。
でも、一番柔らかい③ビタクラフト抗菌まな板の合成樹脂類ってどういう材質なの?

抜群の柔軟性をもつエラストマー

合成樹脂類とは、人工的に作られた高分子のことで、広い意味で使われています。
③ビタクラフト抗菌まな板は、エラストマーといって、ゴムとポリプロピレンが混ざったもの。
こんなふうに、ぐにゃっと曲がるほど柔らかです。
エラストマーすごい!刃当たりがいいのは、この柔軟性が理由だったんですね。
包丁傷が細くて、あまり目立たなかったのも納得です。

このエラストマーは、②イラストパレットブルームのオレンジ色のフチ部分にも使われています。
エラストマーこちらは、滑り止め。粘着性があるので、しっかりまな板を固定できます。
滑らない動かないというのも、まな板を選ぶ際には大切なポイントですね。

まな板の反りにご用心

そういえば、①耐熱抗菌まな板は、切る時にカタカタと動きました。
これは、まな板が平らではなく反っていたから。
実は、まな板の側面を押すと、まな板がクルクルと回ったんです。

こちらの動画をご覧ください ↓ ↓

買ったばかりの新しいまな板が反っていたら、とても残念。切りにくいし、安全面でも心配ですね。
でも、こういった反りはめずらしいことではないそう。
プラスチックの反り特に、①耐熱抗菌まな板に使われている高密度ポリエチレンは、製造過程で冷やされる際に、収縮にムラができてしまうことがあり、まっ平らにならず、反ってしまうことがあるんだとか。

でも、このようにふきんを敷けば、安定して切ることができます。
ふきんを敷く刃当たりの悪さからくる手への負担も、少しは軽減されるかもしれませんね。

今回の記事に登場したアイテム 
耐熱抗菌まな板(新輝合成株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
まな板材質比較