重箱(お重)

キーワード解説
弁当箱の一種。二段から五段程度に重なった容器に蓋がついている。

起源は古く、室町時代の文献にも「重箱」の文字が確認されています。
重箱というと、お正月に食べるおせち料理の入れ物という印象がありますが、古くは狩りや芝居見物の時の弁当箱として使われており、庶民に広く浸透したのは、江戸時代の末期になってからでした。
重箱が本格的につくられるまでは、おせち料理はお皿に盛られていたそうです。
現在では、おせち料理だけでなく、運動会やピクニックなど、行楽用の弁当箱としても人気の高い重箱。
見た目の美しさだけでなく、たくさんの料理を詰めても重ねて収納できる省スペースな設計は、重箱が大勢の人に愛用されはじめた江戸時代の頃からの人気の秘密でした。

HAKOYA重箱