ハンガーの選び方!ニット、ジャケット、シャツ…お洋服に合ったハンガーを選ぶには?

ハンガーの選び方!ニット、ジャケット、シャツ…お洋服に合ったハンガーを選ぶには?

高機能なスリムハンガーは、「すべらない」「場所をとらない」と大人気!

でも、いくらスリムで幅を取らず、服が落ちにくいからといって、どんな服もスリムハンガーにかけてしまうのは考えもの。

今回は、服にやさしいハンガーの選び方をご紹介します!

ジャケットはスリムハンガーNG!

たとえば、ジャケット。
ジャケットには、人間の体に沿った丸みや厚みがあります。

だから、ジャケット用のハンガーにもちゃんと丸みがついています。
このハンガーの場合は、肩の部分にふっくらとした厚みが。
人間の肩にちょっと似てますね。
ジャケットハンガーカーブスリムハンガーはまっすぐなものが多いので、丸みのあるジャケットをかけてしまうと、曲線的なデザインと合わないので型崩れの原因に!

ハンガーを間違えるとジャケットはシワシワに

でも、どれくらい違うの?

そこで、同じジャケットをスリムハンガーとジャケット用ハンガーにかけてみます。

スリムハンガーにかけたところ、ハンガーの薄さに沿ってジャケットの肩周りがペシャンコに。
ジャケット用のハンガーだと、肩周りがふっくら。
このとおり、かなり違うのです。
ジャケット比較丸みのある服をスリムハンガーにかけると、無理やりまっすぐに収納することになり、とくに背の部分にシワが寄ってしまいます。

ハンガーは服を収納するためのものですが、服を休ませる道具でもあります。

一日着てくたくたになったお洋服。
服を脱いだ後に合わないハンガーにかけると、さらにくたくたになって、次に着るときにはシワシワ……なんてことも!

スーツのジャケットなど体に沿ったデザインのお洋服は、専用のハンガーにかけましょう。

スリムハンガーにも、形の違いが

ジャケットをかけるのがNGなら、スリムハンガーにかけてもいいのはどんな衣類?

基本的には、ニットやシャツ、ブラウスなどの薄物衣類です。

でも、スリムハンガーのなかにも形ごとに得意な衣類があるんです。

こちらは、MAWAハンガーのなかでもとくに人気のアーチ状をしたハンガー。
MAWA人体ハンガーこのタイプのハンガーが得意な衣類は、ニット。
ハンガーの曲線状の丸みが、伸びやすいニットでもふんわりキープするので、ハンガー痕をつけずに掛け収納ができます。
畳み収納しかできなかったニットにとっては、画期的なアイテム!

同じMAWAハンガーですが、こちらは別デザイン。
こちらのハンガーが得意な衣類は、シャツ。
MAWA&シンコ

ニット用とシャツ用のハンガーはどう違う?

実際にニットとシャツをかけてみますね。

比較ポイントは、ニットをかけたときのハンガー痕のつきにくさと、シャツをかけたときのエリの型崩れのしにくさ。
ニット用とシャツ用シャツのほうは、差があまり大きくないのですが……

シャツ用ハンガーのフック下部分には、人体の首周りに似た太さがありますね。
これは、シャツのエリをシャキッと立てて収納するためのデザインなんです。
シャツ用ハンガーフォルム「シャツ用」として利用されているハンガーすべてが、この形になっているわけではありません。
たとえば、針金ハンガーにはこの膨らみがないので、エリの形をキープする特別な工夫はない、ということになります。
シャツ衿エリ付きの服をかけるなら、首周りにふくらみがあるタイプのハンガーのほうが服にやさしいハンガーといえますね。

サイズを要チェック

服を休めるハンガーにとって、形と同じくらい大切なことがあります。
それは、サイズ。
服にサイズがあるように、ハンガーにもサイズがたくさんあるんです。

だいたいの目安はこちら。

●~38cm…女性用Sサイズ、子供用
●38cm~42cm…女性用Mサイズ、男性用Sサイズ
●42cm~45cm…女性用Lサイズ、男性用Mサイズ
●45cm~47cm…男性用Lサイズ
●47cm~…男性用LLサイズ

今回比較に使ったハンガーを並べてみても、結構サイズは違います。
ハンガーサイズサイズが合わないハンガーに無理やりかけてしまうと、型崩れの原因になります。
女性用の服を男性用のハンガーにかけると、服を無理に引っ張ってしまうことに……。
これじゃあ服もゆっくり休めませんね。
サイズが合わないハンガー

ハンガーのサイズの調べ方

服に合わせてしっかり選ぶには、まずは手持ちの服の肩幅を測りましょう。
ジャケット肩幅ベストなハンガーのサイズは、「洋服の肩幅-1~2cm」。
ぜひ一度測ってみて、お洋服に合ったハンガーの目安を知っておきましょう!

木製のハンガーには服を癒す効果がある

ハンガーの材質は、木製やプラスチック製など、さまざま。
MAWAハンガーでおなじみの塩化ビニール樹脂コーティングされたハンガーや、表面が起毛加工されて、スエードのような手触りになったハンガーもあります。

特殊加工されたハンガーは「すべりにくいハンガー」としてもてはやされていますが、実は、一番服にやさしいのは木製のハンガーなんです。

あまり実感がないかもしれませんが、一日着ていた服には体から出た湿気がたっぷり!
木製のハンガーは、服を休めつつ、服が帯びた湿気もとってくれるんです。
ジャケットハンガー

ハンガーはお洋服の休憩所

クローゼットの見た目をきれいにするだけなら、すべてのハンガーをお揃いのスリムハンガーに変えてしまうのもひとつの方法です。

でも、「ハンガーは服を休めるもの」と思えば、服のためのハンガーは自然と決まってきます。

値段、スリムさ、すべりにくさ、デザインなど、ハンガーを選ぶ基準はいろいろありますが、とくにお気に入りのお洋服には、服にやさしいかどうかでハンガーを選んであげるのもいいですね!

今回の記事に登場したアイテム 
MAWAハンガー レディースハンガー3P(MAWA社)
MAWAハンガー 人体ハンガー3本組(MAWA社)
天然木製ハンガー 5本組(株式会社ニーズ)
ニュースリムマジックハンガー5本組(長塩産業株式会社)
再生プラスチックハンガー10本組(シンコハンガー株式会社)