スリムハンガー比較【3】MAWAハンガーとソックリさんはどう違う?

スリムハンガー比較【3】MAWAハンガーとソックリさんはどう違う?

同じシリーズの記事はこちら 
スリムハンガー比較

すべらないハンガーとして大人気のMAWAハンガー。
「薄手の服をかけても落ちない、ニットをかけてもハンガーのあとが付かない」と、テレビや雑誌で大人気!
整理収納アドバイザーなど、お片付けの達人にもたくさんのファンがいるハンガーです。

前評判どおり、すべりやすい薄手のカーディガンをかけても落ちません。
振っても大丈夫!
テストMAWAハンガー

ところで、下の写真のハンガーは?
MAWAハンガーとそっくりですが、実は、MAWAハンガーではありません。
シンコハンガー単体上のハンガーは、シンコハンガー株式会社が販売しているブラウスハンガーという商品。
MAWAハンガーと同じく塩化ビニールでコーティングされている、実力派の「すべらないハンガー」です。

MAWAハンガーとソックリさんの違いは値段だけ?

それにしても、この2本のハンガー、とっても似てますね。

並べてみても、このとおり。
形もソックリです。
MAWAとブラウスハンガー1①MAWAハンガー レディースハンガー(MAWA社)
②ブラウスハンガー(シンコハンガー株式会社)

 ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

厚みも、①MAWAハンガーは1.0cm、②ブラウスハンガーは1.1cmと、どちらもスリム。

若干ですが、肩先の処理は②ブラウスハンガーのほうがキレイ。
MAWAとブラウスハンガーの肩先よく見れば、フックの先の部分にも違いがありました。
MAWAとブラウスハンガーのフック①MAWAハンガーのほうはフックの先端が丸くなっていますが、②ブラウスハンガーのほうは切りっぱなし。ビニール製のカバーがついています。

カバーはとても小さいので、一度なくしてしまったらなかなか見つけられないかも?
その点は①MAWAハンガーのほうが、長く使う工夫がされています。

お値段は、販売しているお店にもよりますが、①MAWAハンガーが1本あたり約300円、②ブラウスハンガーが1本あたり約200円。①MAWAハンガーのほうが若干高めです。

ハンガーを買うときは、クローゼットの中のハンガーをまるごと入れ替えるという方も多いはず。
1本あたりのお値段の差が100円だとしても、20本分、30本分……と、まとめ買いをすると考えれば、1本あたり100円の差は大きな差になりますよね。

服がすべり落ちにくいのはMAWAハンガー

見た目はそっくりですが、前回おこなった実験では、①MAWAハンガーのほうが、かけた服が落ちにくいことがわかりました。

②ブラウスハンガーも、少し振るだけではもちろん服は落ちません。
でも、比べてみると、①MAWAハンガーのほうがすべりにくいという結果に。
(※詳しくはスリムハンガー比較【2】へ)

指でさわってみると、①MAWAハンガーのほうがちょっとだけ柔らかい印象もあります。
MAWAとブラウスハンガー5

耐久性の秘密はフックの回転にあり!

①MAWAハンガーを愛用されている方の声をきくと、愛用する理由で多かったのが「ずっと使える!」「壊れない!」など、耐久性の高さに関わることでした。

「10年以上使っているよ!」という話もちらほら聞きます。

とはいえ、②ブラウスハンガーのほうも割とがっしりしているので、重いコートをかけてもたわむことなく使えそうです。

でも、フックを回してみると、違う!

①MAWAハンガーは回転がスムーズですが、②ブラウスハンガーはグギッ、グギッといびつに動く感じです。

もっとスムーズに回らないものか?

力を入れて②ブラウスハンガーのフックを回してみると、なんと、コーティングに亀裂が!
ブラウスハンガー損傷

ハンガーの骨組みをチェック!

フックを回しただけでコーティングが破れるなんて!
コーティングの内側はいったいどうなっているの?

そこで、カッターで切り込みを入れて、黒のコーティングを剥がしてみました。
実験2MAWAコーティングをとってみると、意外にもいろいろと違う部分が見えてきました。

まずは、色。
①MAWAハンガーは、骨組みのスチールが黒みがかっています。
MAWAとブラウスハンガー内側フックにも違いがありました。

②ブラウスハンガーのほうは、フックの留め具部分が潰れている印象があります。

この留め具の処理がフックの回しやすさに直結している?
フックを回してみると、①MAWAハンガーはスムーズに回りますが、②ブラウスハンガーはフックの留め具部分が引っかかって、なかなか思うように動きません。
実験2シンコハンガー剥がしたコーティングを見ても、若干の差がありました。
実験2コーティング①MAWAハンガーのほうが、わずかですがコーティングの層が厚いです。
このわずかな差が、コーティングをさわった時の柔らかさの差や、かけた服のすべりにくさの差につながったのかもしれませんね。

値段をとるならブラウスハンガー、耐久性をとるならMAWAハンガー一択!

①MAWAハンガー②ブラウスハンガー、ソックリさん同士の違いをまとめてみました。
MAWAとブラウスハンガー比較一番大きな違いは、フックの強度と、値段です。

「クローゼットのポールに掛けるだけだから、フックを回す予定はないよ!」という方には、価格の安い②ブラウスハンガーがオススメ。

「カーテンレールや鴨居にハンガーをかけることもあるかも?」という方には、フックがスムーズに回る①MAWAハンガーをオススメします!

今回の記事に登場したアイテム 
MAWAハンガー レディースハンガー3P(MAWA社)
ブラウスハンガー2本組(シンコハンガー株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
スリムハンガー比較