まな板材質比較【2】木の種類によって違う包丁傷の付き方!その理由は?

まな板材質比較【2】木の種類によって違う包丁傷の付き方!その理由は?

同じシリーズの記事はこちら 
まな板材質比較

あっー、ねぎがつながってる!
食べる時に気づいて、アレ?

なんてことありませんか?

トントントンとリズム良く切っていたら、実は切れていなかった…
切れ味の悪い包丁のせいかもしれませんが、まな板にも原因はあるのかも。

切れない原因はまな板の硬さ?

ねぎがつながるって、包丁とまな板がどうなってる時?と考えてみました。
包丁がまな板に、少し食い込まないと、ねぎはしっかり切り離されませんね。
刃当たり例えば、まな板が硬ければ、包丁はまな板に当たっているだけ。
食い込んではいないのかもしれません。

まな板の硬さは、切れる、切れないに関係する?

というわけで、プラスチックや木、7種類のまな板でねぎを切ってみることにしました。
色々なまな板

木のまな板の代表格、檜や桐も大集合

まずは、木のまな板から見ていきます。
木の種類が違う4枚のまな板を集めました。
木の種類①桐まな板(株式会社 カクセー)
②ほおの木まな板(株式会社 小柳産業)
③ひのきまな板(有限会社 ウメザワ)
④匠の工房 スプルス製まな板(株式会社 市原木工所)

※(カッコ)はメーカー名、以下省略。

色々な木の種類があるんですね。
桐やひのきのまな板は、よく知られていると思うのですが、④のスプルス製って、ちょっと聞き慣れない木…

スプルスってどんな木?

こちらが、④匠の工房 スプルス製まな板
スプルススプルスは、米唐檜(ベイトウヒ)といって、アラスカやカナダに生育する木。
ということは、北米産の檜ね!と思われがちですが、実はスプルスはマツ科の木。
ヒノキ科の檜とは違うんです。

でも、檜と比べてみると、木目や、木の色がよく似ています。
ひのきスプルススプルスは安価ということもあり、最近は、ホームセンターなどにおいてある木のまな板の定番。
なんといっても檜に親しみのある日本人!
スプルスに檜の雰囲気を求めているのかもしれません。

さて、実験スタート!
実験方法はこちら。

Let’s Try !

1. ねぎを30回切ります。

実験に使ったのは細ねぎ!包丁は、ステンレス製の万能包丁を使います。
木のまな板とネギ
キレイな小口切りができるかな?
ここで、ねぎがつながっていないかをチェック。
ねぎを切る
2. 切った後のまな板を観察します。
桐のまな板包丁が食い込んでいれば、まな板に傷がついているはずですね。

まな板の観察したのは、こちらのデジタル顕微鏡。
パソコンにつないで撮影ができるというスグレモノです。
デジタル顕微鏡

木のまな板ならねぎはつながらない!

さて、順番にねぎを切り、実験が終わりました。

こちらは①桐まな板で切ったねぎ。
桐ねぎの幅の大小はありますが…しっかり切り離されています。

②ほおの木まな板で、切ったねぎもつながることなく、切り離されていました。
朴の木
③ひのきまな板、④匠の工房 スプルス製まな板もすべてオールOK!

どのまな板も、サクサクと切れて、とてもスムーズ。
包丁がまな板に当たる時の感覚も、とても柔らかです。
スプルス製刃当たりがいいとは、まさにこのこと!
さすが、木のまな板!
実験後のまな板

切れてる証拠!まな板の傷は勲章

次に、切った後のまな板を、デジタル顕微鏡で観察しました。
顕微鏡観察

結果はこちら。50倍の倍率で撮影したものです。
まな板の傷一番傷が目立つのは、②ほおの木まな板
傷がシャープですね。
その他のまな板は、どれも同じくらいの印象ですが、すべてのまな板で、傷が確認できました。

ねぎがつながることなく、切り離されたのは、包丁がまな板に食い込んでいるから。
まな板の傷は、しっかり切れている証拠なんですね。

まな板の傷が消えた!木がもつ復元力とは?

次の日、乾かしておいたまな板を見てみると、ビックリ!

あれ、まな板の傷が目立たなくなってる?

一番、傷が目立たなくなっていたのは①桐まな板
顕微鏡で観察し、切った直後の画像と比べてみます。
桐まな板傷比較目立った傷は1ヶ所だけで、あとは、ほとんど消えていました。
これは、傷を修復しようとする自然な力。木の復元力なんです。
すごいですね!

特に、たくさんすき間のある構造をしている桐は、復元力が高いといわれています。
柔軟性があるので、傷がついても元に戻りやすいんです。

ということは、つまり、復元力が高い=柔らかい木ということですね。

復元力と木の硬さの関係は?

復元力は、木のまな板の魅力のひとつですが、その能力には差があります。

③ひのきまな板、④匠の工房 スプルス製まな板も、切った直後と比べて傷は目立たなくなっていましたが、②ほおの木まな板は、あまり変化がありませんでした。
ほおの木まな板の傷比較次の日の画像も、まだまだ、傷がたくさん確認できますね。
先ほどの①桐まな板と比べると、復元力は低いといえます。

ということは、復元力が低い=硬い木
ほおの木は、硬い木なの?

硬さを裏付けるのは木の比重

実は、ほおの木は、すき間の少ない中身のつまった木。
これは木の比重が高いと言うそうですが、4種類のまな板の中で、比重が一番高いのは、ほおの木。
確かに中身がつまっていればいるほど、硬いというのは納得できますね。

つまり、②ほおの木まな板は、4種類の木のまな板の中で一番硬いということがいえます。

木の硬さと包丁傷をまとめると…

刃当たりがいい木のまな板の中にも、硬いもの、柔らかいものがあることが分かりました。

実験結果をもとに、4種類の木のまな板を硬い順に並べました。
包丁傷も合わせてみると、傷跡が多いものほど硬いということがいえますね。
木のまな板硬さの表

次回は、プラスチックのまな板の実験結果をお届けします!

今回の記事に登場したアイテム 
耐熱抗菌まな板(新輝合成株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
まな板材質比較