米糠(こめぬか)

キーワード解説
玄米を精白する時に出る、玄米の外側の胚芽、果皮、種皮が細かく粉状になったもの

米糠には、糖質の代謝を補助するビタミンB1をはじめとするビタミンB群、抗酸化作用を持つビタミンE、体の組織を構成する鉄やカルシウムなどのミネラル、食物繊維が含まれています。
こういった栄養素を持つ米糠を生かした代表的な食品がぬか漬けです。
ぬか漬けをした野菜には、米糠の栄養がしみこみ、ぬか床の乳酸菌は、米糠の栄養を分解することで発酵を促します。
また、米糠は、油分が20%ぐらいを占めており、米ぬか油(米油)として加工され利用されています。
この油分は掃除でも有効です。米糠を布で包み湿らせて、フローリングや木製家具を拭くことで、ワックスのような効果が得られます。

nuka
関連記事はこちら 
米とぎグッズ比較