米とぎグッズ比較【3】節水でエコ!米とぎシェーカーは少ない水で研げる?

米とぎグッズ比較【3】節水でエコ!米とぎシェーカーは少ない水で研げる?

同じシリーズの記事はこちら 
米とぎグッズ比較

手を濡らさずにお米を研ぐ米とぎグッズを調査中です。

こちらは、お米と水を容器に入れて、お米を研ぐという米とぎシェーカー
シェーカー本体スマートでオシャレですね。
当店バイヤーによると、手荒れの気になる方や、ネイルをしている方に人気なのだとか。

手が濡れないだけじゃない
もうひとつのメリットとは?

米とぎシェーカーのパッケージを見てみると、少ない水でしっかり研げる節水タイプという気になるワードが…
節水節水!?
少ない水で研ぐことができればエコ!こんなにうれしいことはありません。

節水は本当?水の使用量を比較

米とぎシェーカーでお米を研ぐと節水できるって本当?

ということで、3種類の米とぎグッズでお米を研いだ時の水の使用量を比較します。

比べるのはこちら。
すべて容器にお米を入れて研ぐタイプのものです。
米とぎグッズ①米とぎシェーカー(スケーター株式会社)
②米とぎ侍(和平フレイズ株式会社)
③対流式米研ぎ器 速洗力(スケーター株式会社)

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

実は、この3種類の米とぎグッズ、水切りまでできるんです。

説明書を読んでみると使い方は、それぞれ様々のよう。
取説どんなふうに使うのか興味津々。

説明書に沿って、2合のお米を研いで、実験します。
米2合①米とぎシェーカーの水の使用量が一番少なければ、節水できる米とぎグッズということになりますね。

早く知りたい方は動画をチェック ↓ ↓

米とぎシェーカーは
本体上下の使い分けがカギ!

①米とぎシェーカーの本体は上下に分かれています。
本体上下

①上本体に2合のお米を入れ、水を注いでいきます。
水を入れる

水は、上本体が満水になるまで入れます。
ここで、入れた水の量は850ml
満水

②上のフタを閉め、20回シェイクします。
糠や汚れをサッとすすぐ感じです。
シェイカーを振る

③下のフタを開けてとぎ汁を捨てます。
シェイカー水切り

上本体と下本体の接合部は、このように穴が開いています。
だから、とぎ汁だけをスムーズに捨てることができるんですね。
シェイカーの穴

④次は下本体から水を入れます。
2回目

下から入れる時は、ちょっとコツが…
本体を少し傾けると、水がスムーズに入っていきました。
傾けて水を入れる

⑤接合部まで水を入れ、しっかりフタを閉めます。
入った水の量は650ml
接合部

⑥30回シェイクします。
シェイカー

⑦とぎ汁を捨てて終了。
シェイカー水切り使った水の量は、全部で1.5Lでした。
果たして、この水の量は多い?少ない?

左右に振るだけ
シンプルな手順の米とぎ侍

②米とぎ侍は、ぽってりとした侍の姿が愛らしい米とぎグッズです。
侍本体侍のちょんまげを持ち、左右に振ってお米を研ぐというアイデイアが、とてもユニークですね。

お米を研いでみましょう。

①侍の赤い胴体部分に2合のお米を入れます。
侍の中側

②お米が浸るくらいの水をボウルに入れます。
こちらのボールは直径25cm。
水は1L入れると、お米全体がしっかり水に浸りました。
侍

③左右に20回振ります。
じわじわと、水が白くにごってきました。
侍とぎ汁

④侍を持ち上げ、水を切ります。
侍の赤い胴体が、ざるのようになっているので水切りはカンタン!
侍水切り

⑤もう一度、お米が浸るぐらいの水をボウルに入れ、左右に30回振ります。
水は、同じく1L入れました。
侍左右に振る

⑥水切りをして終了。
水切りあまりに優しい動きで、お米が研げているのかちょっと心配。
使った水の量は、全部で2Lでした。

先ほどの①米とぎシェーカーの水の使用量は、1.5Lだったので、②米とぎ侍のほうが、0.5L多く水を使うという結果に!

水を入れるボウルを小さくすれば、水の使用量は少なくなりますが…
②米とぎ侍が、左右に振りにくくなるので、実験で使用した直径25cmくらいが適当なボウルのサイズです。

水の力にまかせる、対流式米研ぎ器 速洗力

③対流式米研ぎ器 速洗力は、水道の蛇口から落下する水の力で、お米を回転させて研ぐというもの。
速洗力本体水の力に任せるから、取っ手を持っているだけでいいんです。

でも、水道の水は出し続けるってことですね?
どれだけ水を使うのか、いざ実験!

①お米を入れ、フタの丸い部分に水道の蛇口をあてます。
蛇口にあてる

②蛇口をひねり、水を入れていきます。
水が容器いっぱいに入ったところで、お米が回転し始めました。
対流始まる

ざるのように穴が開いたフタから水が出ることで、さらに回転が増していきます。
対流式説明書によると、水道が弱い水圧の場合、30秒から40秒回転させるということなので、40秒この状態を保つことにします。

③水道の水を止め、水を捨てて終了。
対流式水を捨てる本当に簡単!心配なのは、使った水の量。
40秒間水を出し続けると、水の量はどのくらいになるの?

水道の水を10秒間出し続けて、量を測ってみると約2L
mizu実験では、40秒出し続けていたので、使った水の量は約8Lということになります。
ざっくりですが、あまりの量にビックリ。
こんなにも多くの水を使うのですね。
水道によって水の量は、多少変わってくると思いますが…

ただ、③対流式米研ぎ器 速洗力は、お米研ぎの速さにこだわった米とぎグッズ。
速洗力パッケージ40秒でお米が研げたら、これはかなりスピーディです。

お米は研げてる?とぎ汁をチェック

3種類の米とぎグッズで、お米を研ぐ時の水の使用量を比較したわけですが、忘れてはいけません。
お米は、ちゃんと研げている?
それは、やっぱり一番重要なところ。

研いだお米を、もう一度手で10回かき混ぜ、とぎ汁の色を比較しました。
手で研ぐとぎ汁の濁り具合が薄いほど、お米が研げているということになりますね。

それぞれのとぎ汁を、試験管に入れて比べてみると…
とぎ汁結果1とぎ汁の濁り具合が、一番薄かったのは①米とぎシェーカー、一番濃かったのは③対流式米研ぎ器 速洗力でした。

これまでの実験結果を表にまとめました。
水の使用量①米とぎシェーカーは、少ない水でお米が研げるとはいえ、お米と水を入れた重さは1kgを超えます。

片手で持つと結構重い…
片手で持つシェイクするのは、ちょっとした運動になりますよ。

そんなの重くてかなわないという方は、②米とぎ侍や、③対流式米研ぎ器 速洗力を選ぶのもあり。
使い方がシンプルというのも魅力ですね。

今回の記事に登場したアイテム 
米とぎシェーカー(スケーター株式会社)
米とぎ侍(和平フレイズ株式会社)
対流式米研ぎ器 速洗力(スケーター株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
米とぎグッズ比較