キッチンスポンジ泡立ち比較【5】セルロース、マイクロファイバー:技ありスポンジ!

キッチンスポンジ泡立ち比較【5】セルロース、マイクロファイバー:技ありスポンジ!

同じシリーズの記事はこちら 
キッチンスポンジ泡立ち比較

ところで、こんな変わり種スポンジがあるのをご存知ですか?

こちらは、セルローススポンジ。
根強いファンが多いアイテムなんです。
セルロース単体
これまで紹介してきたスポンジは、すべて、スポンジのフワフワした部分がウレタンフォームという素材でできています。

ウレタンフォームは、石油系の合成樹脂。

それに対して、セルロースの原料はパルプなどの天然素材。
つまり、セルロース製品は、植物の繊維からできているんです。
スポンジとセルロース
燃やしても有毒ガスが出ず、再生利用も可能!
地球環境にやさしいエコなスポンジなんです。

セルローススポンジの特徴は?

セルロースがウレタンフォームと大きく違うのは、乾くとカチカチになるところ。

スポンジというよりは、乾パンかビスケット?
ビックリするほどカチカチ!
セルロース乾燥時でも、水を含ませると……
セルロース準備1あっというまにフンワリ。
むしろ、ウレタンフォームのスポンジよりも滑らかな肌ざわり!
セルロース準備2洗剤をつければ、このとおり泡立ちます。
実験1セルロース2

泡立ち、泡切れは期待できない!

さっそく、泡立ち方を実験!

台所用洗剤を2mlたらして……
実験1セルロース30回もみます。
実験1セルロース2出てきた泡を集めると、200ml!
実験1セルロース3あれ?
ウレタンフォームのスポンジとくらべると、ちょっと少なめ?
(詳しくはキッチンスポンジ泡立ち比較【2】

泡を洗い流してみても、すこし違うところがありました。
ゆすいでもゆすいでも、泡がなかなか落ちない!
セルロース使用イメージ3ウレタンフォームを使ったスポンジよりも、洗い流すのに時間がかかります。
「泡もちがいい」ともいえますが……。
ウレタンフォームのスポンジとくらべると、泡の立ち方も泡切れの仕方も劣っている印象。

抜群の吸水性で、ふきん役もこなすスポンジ

このスポンジの魅力は、セルロース製ならではの使い方ができるところなんです。

その一つが、水滴の拭き取り!

実は、セルローススポンジは吸水性がバツグンで、なんと、スポンジの重さの20~30倍の水分を吸い取ることができるのだとか。

セルローススポンジがよく使われるのはヨーロッパなんですが、ヨーロッパの家庭では、セルローススポンジをふきん代わりに使うそうです。

水はねも、サッときれい!
セルロース使用イメージ2

セルローススポンジならではの使い方

食器洗い用としても優秀です。

さわるとすぐにわかるんですが、ウレタンフォームよりも指ざわりが滑らか!
食器にキズをつけにくいといわれています。

ガラス製品など、キズが気になる繊細な食器を洗うなら、セルローススポンジがオススメ!
セルロース表面

マイクロファイバースポンジの特徴は?

こちらは、マイクロファイバーのスポンジ。
オーサムストアスポンジ集合マイクロファイバーといえば、ふきんやメガネ拭きなどによく利用されている繊維で、やわらかな手触りが特徴です。

さっそく泡立ち方をチェックすると……
結果は、100ml。
泡が少なめなのは、このスポンジのサイズのせいかも?
実験結果マイクロファイバー実験に使ったのは、雑貨店「AWESOME STORE(オーサムストアー)」で、5個セットで販売されているスポンジ。

ほかのスポンジとくらべると薄めで、サイズそのものも小さめです。
まめいたサイズ
洗いにくくないのかな?
と、お皿を洗ってみましたが、厚みがないことで手にフィット!
素手で洗う感覚でなかなかイイ。
マイクロファイバー使用

同じマイクロファイバーを使ったキッチンスポンジで、ふっくらしたタイプもありました。

ウレタンフォームのスポンジをマイクロファイバー製のネットで包んだ、ネットスポンジのひとつです。
まめいた単品
商品パッケージに、気になる言葉が……
「驚くほど水だけで落ちる」?
まめいたパッケージ実は、マイクロファイバー繊維にはたくさんのギザギザ、エッジがあるんです。

フンワリしたさわり心地からはちょっと想像がつかないのですが、そのエッジを利用して、汚れをかきとるのだとか。
極細繊維イメージ
ならば、実験!

というわけで、コーヒーで汚したカップを洗剤をつけずに拭いてみました!
まめいたテスト3一緒に実験するのは、おさかなスポンジ。
魚のデザインがかわいい貼り合わせスポンジです。

水で濡らしたスポンジでカップの内側を拭いてみると……
まめいたテスト2拭き上がりが、たしかに違う!
まめいたテスト4マイクロファイバーのスポンジは、コーヒーの汚れをしっかりとってくれました。

ただ、かきとった汚れはマイクロファイバー繊維についています。
洗剤なしで洗う場合は、スポンジのお手入れが大切になりそうですね。
まめいたテスト1

ウレタンフォームの素材で勝負!

こちらは、ウレタンフォームのスポンジで、不織布がついていないタイプ。
TK ロックナイロンセット「TK ロックナイロン・角・小判セット(アズマ工業株式会社)」という商品で、2個セットで販売されています。

泡の立ち方をチェックすると……
結果は、なんと500ml!
今回の実験で集めた14個のスポンジの中でも最高ランク!
TK ロックナイロン角実験1不織布が貼られていないので、ネットスポンジのようにやわらかく握れるところもいいですね。

泡立ち、手ざわり、デザイン…スポンジに求めるものは?

これまでの結果をまとめてみました。
こうしてみると、キッチンスポンジもいろいろありますね!
キッチンスポンジまとめ

洗うだけじゃない!キッチンの和みアイテム

今回は、主にキッチンスポンジの泡立ち方について調べましたが、ほかにも気になることってありますよね。

たとえば、デザイン!

ひと月程度で買い換えるスポンジは、キッチンのイメージチェンジにもってこいのアイテム。

キッチンをホッと和ませてくれるかわいいスポンジ、おしゃれなスポンジを選ぶという方も多いはず。
デザインスポンジ泡立ち方や手ざわり、デザイン……。

ふだん何気なく使っているアイテムとはいえ、心のどこかではスポンジに求めているものがあるはずです。

ぜひ、自分にぴったりのスポンジを選んでくださいね!

今回の記事に登場したアイテム 
キクロンA(キクロン株式会社)
激落ちスポンジアクリル不織布(レック株式会社)
スコッチ・ブライト 抗菌セルローススポンジたわし(スリーエム ジャパン株式会社)
おさかなスポンジ(株式会社マーナ)
エコネット(株式会社まめいた)

同じシリーズの記事はこちら 
キッチンスポンジ泡立ち比較