セラミックコーティング

キーワード解説
セラミックを主体とした化合物で、フライパンや、鍋を覆う表面加工(コーティング)のひとつ。

セラミックコートは、セラミックを主体とした化合物をミクロの膜で覆っています。
食材がくっつきにくいという長所がありますが、フライパン調理の際は、油を引くのが基本です。
セラミックコートの耐熱温度は400度前後。
フッ素樹脂加工の耐熱温度の250度前後ですから、耐熱性には、かなり優れているといえますが、空焚きは厳禁。コーティングを痛める原因になります。
セラミックは、一般的に粘土を焼き固めた陶器や磁器などを指します。セラミックコートも、陶器や磁器と同じく衝撃には弱く、コーティングが割れることがあるので、注意が必要です。

セラミックフライパン

関連記事はこちら 
フライパンコーティング比較