米とぎグッズ比較【2】米とぎ棒と手研ぎの違いは?とぎ汁のにごり具合を比較!

米とぎグッズ比較【2】米とぎ棒と手研ぎの違いは?とぎ汁のにごり具合を比較!

同じシリーズの記事はこちら 
米とぎグッズ比較

手を濡らすことなくお米が研げる米とぎグッズ。

こちらは、かき混ぜるだけでお米が研げるという米とぎ棒です。
米とぎ棒1なるほど、棒が手の代わりにお米を研いでくれるというわけですね。

でも、かき混ぜるだけなんて、何だか、ずぼらな気がするし、ちゃんと研げるの?

使ったことがないと、ちょっと疑ってしまうのも正直なところです。

手研ぎのようにお米が研げる?

米とぎ棒のパッケージには、「手研ぎ並の…」なんて、気になるワードが…
手研ぎ並確かに、手で研いだ時と同じように、お米が研げないと、便利なグッズとはいえませんね。

米とぎグッズは、手研ぎのようにお米が研げるの?

ということで、実際に米とぎグッズでお米を研いでみて、手で研いだ場合と比べてみることにします!

米とぎグッズ vs. 手研ぎ

実験に使う米とぎグッズはこちらの3種類。
すべて、かき混ぜてお米を研ぐタイプのものです。
米とぎかき混ぜ実験①米とぎ棒(和平フレイズ株式会社)
②米研ぎ名人(アーネスト株式会社)
③計量カップ付 米とぎ棒(株式会社大創産業)

※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

そして、3種類の米とぎグッズに対するのは、この手。
ネイル米とぎさてさて、どうなるのか?

まずは、実験の手順をご紹介します。

早く知りたい方は動画をチェック ↓ ↓

Let’s Try !

1. 2合のお米に1Lの水を入れます。
水を入れる

2. 5回かき混ぜ、水を捨てます。

最初に入れた水には、糠や汚れがたくさん含まれています。
ざるで水切りをして、水を捨てます。
水切り

3. もう一度、1Lの水を入れ、30回かき混ぜます。
「1、2、3…」と数えながら、グルグルとかき混ぜます。
米とぎ棒

4. とぎ汁のにごり具合を比べます。
とぎ汁米とぎグッズで研いだお米のとぎ汁の濁り具合が、手研ぎと同じくらいなら、手研ぎ並にお米が研げているといえますね。

実験スタート
かき混ぜた時の感覚が違う!

まずは、菱形の網目が特徴の①米とぎ棒からいってみます。
米とぎ棒アップこの菱形の網目は、水の流れを不規則な乱流にするので、まんべんなくお米が研げるのだとか。

グルグルとかき混ぜてみると、網目をお米が通りぬけていくようです。
米とぎ棒力もいらず、「本当に研げてるの?」と心配になるほど。

このとても軽い使用感はなぜ?

①米とぎ棒の先端部分を観察してみると、こんなふうに開いていました。
菱形網目がつながっていなくて開いているので、お米が行き止まるということがないんです。
だから、水の流れが止まることなく、スムーズにかき混ぜられるんですね。

軽くかき混ぜるだけで、手研ぎと同じように、お米が研げていたらいうことなしです。

研いでる!手応えバッチリのダブルブラシ

次は、ブラシが2つ付いている②米研ぎ名人
持ち手が、握りやすそうな、少し平たい形をしていますね。
米とぎ名人1

こちらも「1、2、3…」と数えながら、グルグルとかき混ぜていきます。
米研ぎ名人すると、「お米を研いでる!」というザクザクっとした感じが手に伝わってきました。
先ほどの①米とぎ棒と同じようにかき混ぜているのに、あまりにも違う感覚にビックリ!
この手応えは、手研ぎ並に研げていそうと期待がふくらみます。

この2つのブラシは、それぞれが2方向に向いているという特殊な構造をしています。
それに加えて、ブラシの突起は、何と全部で158個もあるんです!
米研ぎ名人ブラシたくさんの突起が、お米との接触部分を増やすので、手研ぎのようにムラなくお米が研げるんだそう。

いかにも強力そうなブラシですが、素材はお米に優しい柔らかいシリコンゴム製。
シリコンゴムお米が挟まりやすいのは、少々難があるかもしれませんが…。
米が挟まる

小さな米とぎ棒は2合が限界

3番目は、100円ショップの③計量カップ付 米とぎ棒
0.5合計れる計量カップ付です。
ダイソー米とぎ計量

長さは15cmくらいと、一番小さな米とぎグッズ。
お米を研ぐ部分は、6本のツメのようなものがついています。
ダイソーの形

サイズが小さいので、お米との距離が近く、楽にかき混ぜることが出来ました。
ダイソー米研ぎで混ぜる何といっても100円ショップの米とぎグッズ。
そのコストパフォーマンスはとても気になります。
ただ、心配なのは、やはりサイズが小さいこと。

実験で研いだお米は2合だったので、スムーズにかき混ぜられましたが、目一杯という感じがしました。
3合のお米だと、同じようにはかき混ぜられないかもしれませんね。

手研ぎのように研げる米とぎグッズ

同じ手順で、最後に手でお米を研ぎ、実験は終了。
手で研ぐ気になる結果は?

お米のとぎ汁を、4本の試験管に、それぞれ入れて比べてみます。
米のとぎ汁どの試験管のとぎ汁のにごり具合は同じ…!?
パッと見た感じでは違いがわかりません。

アップにして見てみます。一番左が手研ぎのとぎ汁。
そして順番に、3種類の米とぎグッズのとぎ汁です。
にごり具合アップやっぱり、とぎ汁のにごり具合に違いはありません。

実は、米とぎグッズのかき混ぜる感覚が、それぞれで違ったので、とぎ汁のにごり具合にも違いが出るのでは?と予想していたのですが…

結果は、どの米とぎグッズを使っても、手を濡らさず手研ぎのように研げるということが明らかに!

それなら安心。便利なお役立ちグッズといえますね。

かき混ぜタイプの米とぎグッズ
何で選ぶ?

さて、かき混ぜるだけで手研ぎのようにお米が研げることが分かった3種類の米とぎグッズ。

実験結果をふまえ、それぞれの特徴や違いを表にまとめました。
参考までにおおよその価格も入れてあります。
かき混ぜタイプまとめ力を入れずに軽くかき混ぜたいなら、①米とぎ棒、お米を研いでる!という手応えをがほしい方は、②米研ぎ名人というように、お好みの使用感で選ぶのもいいですね。

また、一人暮らしの方や少人数家庭で、毎日炊くお米は2合ぐらいという場合は、③計量カップ付 米とぎ棒というように、お米の合数で選ぶのもありかもしれません。

ちなみに、研いだお米は炊いて、おいしくいただきました。
ご飯

今回の記事に登場したアイテム 
米とぎ棒(和平フレイズ株式会社)
米研ぎ名人(アーネスト株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
米とぎグッズ比較