ループパイル

キーワード解説
タオルやバスマット、ラグなどに使われる、生地の加工方法の一つ。

タオル地のように、糸が下地からふんわり浮き上がっている繊維のことを「パイル」と呼びますが、ループパイルは、表面から浮き上がった輪っか部分を残す加工です。
一般的に、輪っか部分をカットするカットパイル加工をおこなった生地よりも吸水性が高く、また、肌ざわりが劣るといわれています。

ループパイル表面

ループパイル&カットパイル

関連記事はこちら 
バスマット吸水速乾比較