断熱二重構造

キーワード解説
熱伝達を防いで、保温力や保冷力を高めるために、側面や底面の壁を二重にした構造のこと。

断熱二重構造には、真空断熱構造と中空断熱構造があり、水筒やマグボトル、タンブラー、保温弁当箱、電気ポットなど、さまざまなものに利用されています。
真空断熱構造は主にステンレス製で、二重壁の内側が真空状態になっており、とくに保温力が高い構造です。
中空断熱構造は、二重壁の内側に空気が残っている状態で、真空断熱構造に比べると保温効果はやや低めです。

断熱二重構造

関連記事はこちら 
ビールグッズの保冷力比較
マイボトル保温力
マイボトル比較
スープジャーレシピ
保温弁当箱とスープジャーの保温力比較
水筒保冷力比較

The following two tabs change content below.
編集部ozawa

編集部ozawa

お弁当グッズならなんでも揃うお店「カラフルボックス」のスタッフが、お弁当や水筒などお弁当関連グッズを中心に、生活雑貨全般を実際に使いながら、みんなの悩みを解決♪ 違いの分かりにくいアイテムの場合は、本格的な比較実験も行っています。是非、他の記事もチェックしてみてくださいね。