バスマット比較【4】おしゃれバスマット対決!アクリル製vs.ポリエステル製

バスマット比較【4】おしゃれバスマット対決!アクリル製vs.ポリエステル製

同じシリーズの記事はこちら 
バスマット比較

習字紙を使って、バスマットの吸水性と速乾性をテスト中です。
(詳しくはバスマット比較【2】へ)

実験に使うのは、こちらの8種類のバスマット。
バスマット集合2①SUSU(山崎産業株式会社)  
②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社)
③SHIBAFU(株式会社オカトー)
④ソフワ(山崎産業株式会社)
⑤ローザ(ヨコズナクリエーション株式会社)
⑥ファミーユ ワッフル(株式会社オカトー)
⑦タオルバスマット(株式会社ニトリ)
⑧足ウラ快適バスマット(株式会社オカトー)

 ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。

今回テストするのは、③SHIBAFU⑤ローザ
どちらも、おしゃれなデザインが人気のバスマットです♪

デザインバスマットは吸水力が劣る?

③SHIBAFUは、芝生そっくりの明るいグリーンが印象的。
価格はだいたい2000円程度で、バスマットの中ではちょっとお高め?
shibafuイメージ⑤ローザは、きれいなローズ柄が女性に人気!
価格はだいたい1400円程度で、まずまずのお値段。
ローザバスマット「バスマットはデザインで選ぶ!」という方も多いですよね。

でも、デザインにこだわったバスマットは、吸水性や速乾性が後回しにされている印象、ありませんか?

実のところ、どうなの?
さっそく実験でチェック!

見た目や手触りと、吸水性は別物!

水で濡らした手をバスマットで拭いて……
実験結果shibafu1手に残った水分を、習字紙に移してチェック。
実験1の様子SHIBAFUさらに、バスマットの表面の湿り気も調べます。
実験2の様子SHIBAFUすると、結果は。
⑤ローザが、かなり差をつけて③SHIBAFUを上回りました。

並べて見てみましょう♪
ローザとSHIBAFUとくに差が出たのは、速乾性のテスト。

③SHIBAFUのほうは、習字紙がビショビショに。
濡れた手を拭いた後のバスマットが、かなり湿っている証拠です。
実験2SHIBAFU同じ実験をしたところ、⑤ローザは……
まずまずの結果に!
実験2ローザ下の写真は、前回テストした④ソフワのテスト結果です。

水の染み方は違いますが、濡れた範囲は⑤ローザと同じくらい?
(詳しくは、バスマット比較【3】へ)
実験2ソフワ④ソフワは、吸水力が高いといわれるマイクロファイバーのバスマット。
⑤ローザは、吸水性の高さでとくにオススメされるバスマットではありません。

それなのに、⑤ローザの吸水性と速乾性は④ソフワに近いレベル、という結果に!

見た目やモコモコ感よりも、素材が大切

③SHIBAFUは、毛足が長くて、手触りがモコモコしているので、もっと水を吸ってくれるかと思ったのですが、まさかの結果に。
shibafu表面アップ一方、⑤ローザは、毛足が短くて、サラッとしているので、びしょ濡れになってしまうのではないかと心配していたのですが、結果は真逆。
ローザ表面この差はどこから生まれたの?

パッケージを見てみると、ヒントを発見!

③SHIBAFUはポリエステル100%。
⑤ローザは、アクリル100%でした。

ポリエステルは水を吸いにくい

ポリエステルもアクリルも、石油や石炭を原料としてつくられる合成繊維です。

なかでも、ポリエステルは、世界でもっともたくさんつくられている合成繊維。

ポリエステル繊維の特徴のひとつが「洗濯をしてもすぐに乾くこと」。

「すぐに乾く」のは、実は、ポリエステルが本来水を吸いにくいからなんです。
水を吸いにくい、つまり「濡れにくいので、乾きやすい」というわけ。
shibafu表面

アクリルは水を吸いやすい

一方、アクリルの特徴のひとつは、毛(ウール)にそっくりなこと。

そもそも、アクリルが開発されたのは、手に入りにくかった天然の毛(ウール)に似た繊維を人工的につくって、大量生産するためでした。

綿や麻、毛など、天然繊維に比べると劣りますが、合成繊維のなかでは水をよく吸うほうです。

つまり、アクリルとポリエステルだったら、アクリルのほうがもともとの吸水性が高いということ。

いかにも水を吸い取ってくれそうな見た目の③SHIBAFUよりも、⑤ローザのほうが吸水性と速乾性が高かったのは、素材のせいかもしれませんね。
ローザ表面

変幻自在のポリエステル繊維

でも、ポリエステル100%のバスマットが、どれも吸水性に不安があるわけではありません。

ポリエステルの最大の特徴は、「加工しやすいところ」。
いろいろな機能をもった繊維が開発されているんです。

吸水性の高さで人気のマイクロファイバーも、主な原料はポリエステル。
マイクロファイバーのように、目には見えないほど細かな繊維に加工できるのも、ポリエステルならではの特徴なんです。
susu表面

吸水性が高くないバスマットを使いこなすには?

でも、特別な加工がされていないポリエステル100%のバスマットの場合、残念ながら、吸水性はそれほど高くなさそうです。

「バスマットを好みのデザインで選んだら、吸水性が今ひとつ……」ということは、ポリエステル製に限らずありますよね。

そんなときは、バスマット用の便利アイテムを使うのがオススメ!

たとえば、こちらは、バスマットの下に敷く専用ボード。
バスマット干しボード1バスマットの下に敷いておけば、床とバスマットの間に隙間ができるので、通気性がアップ!
使わないときは山形にして立てて、干しておけます。
バスマット干しボード1専用のボードでなくても、すのこを敷いても同じ効果があります。

バスマットそのものの機能を上げることができなくても、便利グッズを使えば、吸水性や速乾性に近い機能を後から付け足すことができます。

「吸水性や速乾性も気になるけど、やっぱりバスマットはデザインで選びたい」という方は、ぜひお試しを!

今回の記事に登場したアイテム 
乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社)
SHIBAFU バスマット(株式会社オカトー)
バスマット ローザ(ヨコズナクリエーション株式会社)
SUSU バスマット(山崎産業株式会社)
ファミーユ ワッフルバスマット(株式会社オカトー)
サラアンドカラ バスマット干しボード(山崎産業株式会社)
 

同じシリーズの記事はこちら 
バスマット比較