バスマット比較【1】カットパイルとマイクロファイバーの素材をチェック!

バスマット比較【1】カットパイルとマイクロファイバーの素材をチェック!

同じシリーズの記事はこちら 
バスマット比較

バスマットの肌ざわりと素材をチェック!

お風呂上がりに乗るバスマットがお気に入りだと、湯あがりの爽快感がアップしますよね!

上の写真は、乾度良好というシリーズのバスマット。
20年以上販売されているベストセラーなんです。

吸水性の高さで根強い人気を誇っていますが、もうひとつの人気の理由は、踏み心地のよさ!
乾度良好表面ふかふか、さらさらの踏み心地が、気持ちいいんです♪

この踏み心地の秘密はなに?

と、表面をアップで見てみると――。

毛糸のような糸で、びっしりと覆われています。

ふかふかな踏み心地の秘密は、たっぷりの糸にあったんですね!
乾度良好根元

バスマットの定番、カットパイル

乾度良好のバスマットのように、表面が細かい毛で覆われて見える加工を「カットパイル(シャーリング)」というのだとか。

足元をふんわり包んでくれる、カットパイル加工がされたタイプは、バスマットのなかではかなりメジャー。

そのぶんデザインも豊富なので、「バスマットはデザインで選ぶ!」という方にもオススメです。

たとえばこちらは、バスルームを緑あふれるガーデンに変身!?させられる、SHIBAFUシリーズのバスマット。
芝生そっくりの明るいグリーンに癒されますね。
shibafuメーカーイメージ表面をアップで見ると、毛糸に似た太い糸で覆われています。
乾度良好のバスマットと同じく、これもカットパイル。
shibafu表面アップこちらは、女性に人気のローズ柄のバスマット。
毛足が短くて、さっぱりした踏み心地が気持ちいい!
ローザバスマット表面をアップで見てみると、やっぱり毛糸に似た毛で覆われています。
毛の細さや長さはちがいますが、こちらもカットパイル。
ローザ表面アップこちらは、キャンディフロスというシリーズのバスマット。
キャンディフロス表面を近くで見ると、リボンを敷きつめたみたい!
キャンディフロス極細繊維と不織布をミックスさせることで、立体的なモコモコ感が出ていますが、やはりこれもカットパイル。

洗いやすさ&耐久性にすぐれた綿100%

バスマットのなかでは主流のカットパイルですが、カットパイルのほかにも、たくさん種類があるんです♪

まずは、こちら。
タオル地のバスマットです。
ホテルのバスルームによく置いてありますね。
ニトリタオルバスマットしっかりとした素材で踏み心地がよく、比較的薄手なので、洗濯機で洗いやすいのが特徴♪

ドラム式洗濯機をお使いの方など、「このタイプしか使いたくない!」という方も多いはず。

ループパイルとカットパイル、その違いは?

タオル地のバスマットのほとんどは、「ループパイル」と呼ばれる加工をされています。

ループパイルの特徴も、バスマットの表面をよく見ればわかります。

生地から細い糸が浮き上がって、輪っか(ループ)をつくっているのが見えますね。
ループパイル表面タオル地のように、糸が下地からふんわり浮き上がっている繊維のことを「パイル」と呼ぶのですが、ループパイルというのは、輪っか(ループ)状のパイルをもっている繊維のこと。

実は、「ループパイル」と「カットパイル」は、ほとんど同じ工程でつくられる似た者同士。

どのパイル製品も、はじめは「ループパイル」の状態になっています。
「カットパイル」というのは、表面から浮き上がった輪っか部分を刈り取る加工をされたもの。

図で表すと、こうなります。
ループパイル&カットパイル一般的には、「ループパイル」のほうが吸水性が高く、「カットパイル」のほうが肌ざわりがなめらか、なのだとか。

パイルの輪っか部分があるか、ないかの差で、肌ざわりや吸水性にまで差が出るんですね。

独特の踏み心地がくせになる!
マイクロファイバー

こちらは、マイクロファイバーのモール糸を使ったバスマット。
susuイメージ表面を覆うモコモコとした太い糸は、モール糸、または「シェニールヤーン」とも呼ばれます。

「シェニール」というのは、フランス語で「毛虫」の意味。

いわれてみれば、毛虫に似てるかも?
susuアップ

マイクロファイバー、アクリル、綿…素材の違いは?

ところで、マイクロファイバーってなんでしょう?

調べてみると、合成繊維のひとつで、主な原料はポリエステルなのだとか。

ポリエステルは、世界で一番よく使われる合成繊維。でも、もともとは水を吸いにくく、タオルや衣服には向かなかったのです。

そこで開発されたのが、マイクロファイバー。

この、モール糸。
太い1本の糸に見えますが、内側には極細繊維が密集しているんです!
SUSUモール糸アップ細かな繊維(マイクロファイバー)がたくさん集まることで、吸水力を天然素材レベルまであげることができたんだとか。

吸水力だけでなく、毛足の長いモール糸にふんわり包まれる踏み心地も、このバスマットの人気の秘密です♪

毛糸そっくりのアクリル、天然素材の綿

マイクロファイバーのほかには、どんな素材が使われているのでしょう?

比較的多いのが、アクリル。

アクリルは合成繊維のひとつで、1950年頃のアメリカで、毛糸の代替品として製品化されたもの。

毛糸そっくりな肌触りと、合成繊維のなかでは水を吸いやすい吸水性の高さが特徴!
乾度良好根元綿は、とくにタオル地のバスマットに多い素材です。
綿100バスマット綿花(コットンボール)からつくられる天然素材なので、肌にやさしいのが一番のメリット。
天然素材ならではの耐久性の高さも魅力です。

洗濯できるバスマットを比較!

バスマットには種類がたくさんあって、ポリエステルやアクリル、綿のほかにも、麻や珪藻土、天然木、竹など、珍しい素材からつくられたものもあります。

そのなかでも、今回は「洗濯ができるバスマット」にクローズアップ!

表面の加工方法や素材、織り方が違ういろんなタイプのバスマットを使って、どんな違いがあるのかをくらべていきます。
お楽しみに!
バスマット集合3

今回の記事に登場したアイテム 
乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社)
SHIBAFU バスマット(株式会社オカトー)
バスマット ローザ(ヨコズナクリエーション株式会社)
キャンディフロス バスマット(ヨコズナクリエーション株式会社)
SUSU バスマット(山崎産業株式会社)
ファミーユ ワッフルバスマット(株式会社オカトー)

同じシリーズの記事はこちら 
バスマット比較