ふきん吸水力比較【3】スポンジクロスを徹底調査!素材のセルロースとは?

ふきん吸水力比較【3】スポンジクロスを徹底調査!素材のセルロースとは?

同じシリーズの記事はこちら 
ふきん吸水力比較

「吸収力抜群の台ふきんは?」ということで、7種類のふきんで実験調査中です。
ふきん色々
①ビストロ先生 綿ガーゼふきん(サンベルム株式会社)
②かや織りふきん(レック株式会社)
③白雪ふきん(垣谷繊維)
④落ちワタふきん(株式会社良品計画)
⑤激落ち マイクロファイバー(レック株式会社)
⑥不織布ふきん(レック株式会社)
⑦スポンジクロス アイビー(南海通商株式会社)

※(カッコ)の中はメーカー名、取り扱い先、以下省略。

素材そのものの吸水力が知りたい

前回の実験では、7種類のふきんで、実際に拭いてみて、拭き残ったお茶の量を比較しました。
拭き残ったお茶の量が少なく、よく吸水したふきん1位~3位はこちら。
吸収量1位
第1位 ③白雪ふきん
第2位 ①ビストロ先生 綿ガーゼふきん
第3位 ②かや織りふきん

1位から3位のふきんは、生地が7、8枚重ねられた厚みのあるふきんです。よく吸水したのは、当然といえば当然ですね。

比べたふきんの厚みはさまざま。
ふきんの厚み
大きさも、こんなに差があります。
ふきんの大きさ

これはフェアじゃないかも…
条件を合わせて比べる方法、何かないかな?

ふきん10gあたりの吸水量を算出

そうだ、ふきんの重さの条件を揃えてみよう!

乾いたふきんの重さを測り、前回の実験結果をもとに、ふきん10gあたりの吸水量を出してみます。

まずは、手順をご紹介。

Let’s Try !

1. 乾いたふきんの重さを測ります。
かや織りふきん重さ測定
2. 前回の実験結果から、ふきん全体の吸水量を計算します。
かや
3. ふきん全体の吸水量とふきんの重さから、ふきん10gあたりの吸水量を計算します。
hukin-82

ふきん10gあたりの吸水量を比較

①~⑦の7種類のふきんのデータが揃い、表にまとめました。

「ふきん10gあたりの吸水量の比較」では、⑤激落ち マイクロファイバー⑥不織布ふきん⑦スポンジクロス アイビーが上位にランクイン!
ふきん吸収力まとめ
第1位は、⑦スポンジクロス アイビー83ml
第2位は、⑥不織布ふきん50ml
第3位は、⑤激落ち マイクロファイバー42mlという結果になりました。

特に、1位の⑦スポンジクロス アイビーの吸収量は、3位の⑤激落ち マイクロファイバーの倍近くですよ!これはすごい!

スポンジクロスの素材をチェック!

「ふきん10gあたりの吸水量」では、ダントツ1位だった⑦スポンジクロス アイビー
日本では、ふきんとしては、まだ馴染みの薄いスポンジクロスですが、北欧やドイツを始めとするヨーロッパでは、主流のふきんなんです。
なんだか厚紙みたいですね。
スポンジワイプ
素材は、セルロースと綿。スポンジクロスによって、少し違いはあるものの、セルロースが70%、綿が30%ぐらいの割合でできています。
綿は、よく聞く素材だけど…セルロースって?

セルロースってなに?

セルロースとは、植物の繊維の素のようなもの。ちょっと広くて果てしない感じがしますが、植物だから、とても身近なものです。
毎日、食べている野菜もセルロースを含んでいます。

⑦スポンジクロス アイビーは、天然パルプのセルロース。
hukin-83
パルプは、木や草から取り出した繊維。パルプといえば、紙の原料です。
なるほど…だから、厚紙みたいだったんですね。
スポンジワイプ

セルロースの特徴からみる吸収力の理由

素材としては、ちょっと聞き慣れないセルロース。
きっと、吸収する理由を秘めてるはず!調べてみると、大きな特徴が2つありました。

1. 水となじみやすい親水性

親水性とは、水と相性が良くなじみやすいということ。
分子の話になりますが、セルロースには、水の分子と同じ形をした部分があって、その部分と水とが結びつくんです。
スポンジクロスで拭く
水と仲良く手をつなぐ感じ…親水性、ふきんの条件としては最高ですね ♪

2. 小さな穴がいっぱいの多孔質

重さが10gと、7種類のふきんの中でも、一番軽かった⑦スポンジクロス アイビー
スポンジクロス重さ
それは、素材であるセルロースが多孔質だから。小さな穴がたくさん開いているので軽いんですね。
実は、この小さな穴、吸収力と深く関係しているんです!

水には、毛細管現象といって、狭いすき間に入っていこうとするという性質があります。狭いすき間が、セルロースの小さな穴だと考えてみたらどうでしょうか?

うーん…ちょっと、むずかしい言葉が出てきましたよ。

水の性質を活かしたセルロースの吸収力

毛細管現象を分かりやすく例えてみます。
アイスコーヒーにさしたストロー。ストローの中のコーヒーが少し吸い上げられているのが見えますね。
表面張力
ストローをさしただけで、自然にこうなる…これが、毛細管現象なんです。
わりとよくみる光景じゃないですか?
セルロースの小さな穴は、このストローのようなもの。

水は、もともと、水同士で引き合う表面張力という力があります。
水が小さな穴に入っていくと、表面張力の力で、水が自然に吸い上げられます。穴が小さければ小さいほど、その力は大きくなるんだとか。

ということは、小さな穴がたくさん開いているセルロースには、この毛細管現象があちこちで起こることになります。
スポンジクロス
なるほど…だから、⑦スポンジクロス アイビーの吸収量は、ずば抜けていたんですね。

スポンジクロスのベストな使い方は?

吸収力に優れた⑦スポンジクロス アイビーですが、乾いていると硬くて、ちょっと使いにくいかも。

実験でも、拭きにくいなという印象がありました。
スポンジワイプ
それに他のふきんと比べて、とても小さいので、食卓を拭くにしても、何だか頼りない感じがします。
ふきんの大きさ
抜群の吸収力を生かすなら、ふきんにこだわらず、食器の水切りマットという使い方もありかも。
スポンジクロス
小さくて、スペースを取らないし、洗った食器の一時置きに最適ですね。
水滴をグングン吸い取ってくれそう。そして、何よりも、おしゃれ ♪
次回は、惜しくも、「ふきん10gあたりの吸水量」第2位だった⑥不織布ふきんについて徹底調査。お楽しみに。
不織布ふきん

今回の記事に登場したアイテム 
かや織りふきん 5枚入(レック株式会社)
ビストロ先生 綿ガーゼふきん 2枚入(サンベルム株式会社)
激落ち マイクロファイバー 10枚入(レック株式会社)
不織布ふきん 10枚入(レック株式会社)
スポンジクロス アイビー(南海通商株式会社)
スポンジクロス フラワー(南海通商株式会社)

同じシリーズの記事はこちら 
ふきん吸水力比較