Search Result ( 5 )

比較

汁漏れしにくいお弁当箱比較【6】ラップ、おかか、ビニール袋…おかずの汁もれを防ぐ簡単テクニック

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 本当に「汁もれに強いお弁当箱」を探せ! 前回おこなった実験では、お弁当箱の中に50mlの水を入れて、横向きに倒してみました。 すると、7つのお弁当箱のうち2つが「2時間経っても中の水が漏れない」という結果に! 横に倒しても大丈夫なら、いったいどこまで耐えられるのか?...

フライパンコーティング比較【4】鉄vs.ステンレス!これだけは外せないポイント

今回は、コーティングのないフライパンが登場! コーティングがないので、お料理がくっつきやすそう… さて、本当のところは? 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 どんな素材のフライパンがあるの? コーティングのないフライパンってどんなものがあるんでしょう? くらべルートでは、2つのフライパンをピックア...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【5】フードマンvs.シリコーン蓋付き|横に倒しても大丈夫?

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 パソコンと一緒に鞄にイン!薄型弁当箱フードマン   こちらは、「薄型弁当箱フードマン」。 なんと、縦向きにしてバッグに収納できる画期的なお弁当箱♪ 厚みはたったの3.5cmと、まさに「薄型弁当箱」。 ノート型パソコンやタブレットと一緒にビジネスバッグに入れ...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【4】おかずの汁もれが心配なら、シリコーン内蓋付きが安心!

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 ロック式弁当箱 vs.シリコーン蓋付きの弁当箱 前回までの実験で、汁もれに強いお弁当箱の秘密を2つに絞ることができました。 その秘密とは、下の2つ。 ロック式のような「汁もれに強い構造」。 そして、シリコーン製の内蓋のような「汁もれに強い素材」。 なるほど。 「汁も...

フライパンコーティング比較【3】セラミックコートvs.フッ素樹脂加工

今回は、セラミックコートのフライパンが登場! フッ素樹脂加工のフライパンとは、どんなところが違うの? ということで、セラミックコートvs.フッ素樹脂加工! コーティングの比較をしていきます。 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 セラミックコートのセラミックって? セラミックを広くとらえると、陶磁器...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【3】この向きに傾くと危険!おかずの汁もれに弱い向きは?

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 おかずの汁もれが起きやすい向きって? 前回の実験で、お弁当箱が傾く向きによって、汁もれのしやすさが変わることを発見! そこで、お弁当箱を置く向きだけを変えて、まったく同じ実験をしてみました。 実験に使ったのは、こちらの7つのお弁当箱。 ①タテ型3段ランチボックス(ス...

フライパンコーティング比較 【2】フッ素樹脂加工を詳しくチェック!

くっつきにくいと評判のコーティングフライパンの実力を試すべく、前回は、油なしで薄焼きたまごを焼く実験をしました。 結果は、すべてくっつかず! みんなくっつかなかったけど、コーティングはみんな違う… ということで、今回はフライパンのコーティングについて徹底調査! 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 ...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【2】素材or構造?おかずの汁もれを防ぐ理由は?

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱比較 いつものバッグに、お弁当箱も一緒に入れたい。 だから、絶対に汁モレしたくない! というわけで、おかずの汁がこぼれにくいお弁当箱の秘密を調査中です。 汁モレに強いのはどれ?お弁当箱の実力をチェック! さっそく実験していきます。 中に水を入れて、漏れやすさをチェック...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【1】スリム弁当箱で徹底調査!

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱比較 外出先のランチはヘルシーで節約できるものを! ということで、弁当女子、弁当男子が増えていますよね。 なかでも、ビジネスバッグに入るスリム型のお弁当箱は、とくに男性の方に人気です。 でも、いつものバッグにお弁当を入れるとなると、気になるのが汁モレ。 お弁当のおかず...

フライパンコーティング比較【1】くっつかないフライパンを探せ!

焼いたり、揚げたり、炒めたりと、毎日大活躍のフライパン ♪ 突然ですが、フライパンを使っていて、思い通りにお料理できないなぁ…ってことありませんか? 食材がくっついた! 無理にはがそうとしたら、食材が無残な形になった…なんて経験ありますよね。 頻繁に使うものだから、調理ストレスのないくっつかないフライパンがほしい!とい...

マイボトル保温力【4】真空断熱タンブラーが保温力比較ランキング1位

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 マイボトルの保温力を検証中です。 保温力には、素材や構造が大きく関わっていますねー。 タイプの違うたくさんのマイボトルを比べていて、色々、発見!の日々です。   フタ付きタンブラーの保温力ランキング   前回の記事では、蓋のついたタンブラー6点に98度...

マイボトル保温力【3】おしゃれなタンブラーの素材と構造を比較

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 マイボトルの保温力をタイプ別に検証中。 私は、マグボトルに紅茶を持参して、オフィスに置いてあるマグカップで、コーヒーをいただくというパターン。 2つのアイテムを使い分けています!どちらも二重構造でフタ付き! 『保温力』は、やっぱり気になるところです。   蓋付き...

マイボトル保温力【2】ステンレスとプラスチックの二重構造タンブラーを比較

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 オフィスや外出先で、ホッと一息。 マイボトル、マイカップで、お気に入りの飲み物がいただければ、さらにGOOD!という方も多いのでは? おいしくいただくための『保温力』について実験を進行中です。   蓋のない容器の保温力ランキング   前回の記事では、ふ...

マイボトル保温力【1】タンブラーとマグカップの温度差比較!すぐに冷めるのは?

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル保温力 節約やエコの観点から、マイボトル、マイカップを持っている人が増えています。 マイボトル、マイカップと一口に言っても、たくさんのタイプやデザインがありますよね。 (※マイボトル、マイカップのタイプについてはこちらへ)   マイボトル保温力をタイプ別にチェック! &...

マイボトル比較【5】タンブラー&マグのパッキンを黒カビから守れ!

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル比較 フタ付きタンブラーやマグボトルに欠かせないものといえば、パッキン! パッキンがしっかりしていれば、保温力も気密性も高いですからね。 今回は、そのパッキンにクローズアップ。 マグボトルとタンブラーからパッキンを取り外して、比べてみました。 タンブラーとマグボトルからパッキンを...

マイボトル比較【4】おしゃれ派 or 機能派?タンブラーとマグボトルのキャップ♪

同じシリーズの記事はこちら  マイボトル比較 オフィスで、学校で、レジャーで。 毎日大活躍するタンブラーや、マグボトル! マイボトル、マイ水筒という呼び方もされますね♪ 今回は、飲み口や開け方の違いにクローズアップ。 容量やデザインはともかく、飲み口の形は「使ってはじめて気になった」という方も多いのでは? 開けやすさ、...