Search Result ( 4 )

比較

バスマット比較【4】おしゃれバスマット対決!アクリル製vs.ポリエステル製

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 習字紙を使って、バスマットの吸水性と速乾性をテスト中です。 (詳しくはバスマット比較【2】へ) 実験に使うのは、こちらの8種類のバスマット。 ①SUSU(山崎産業株式会社)   ②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社) ③SHIBAFU(株式会社オカトー) ④ソフワ(山崎産業...

バスマット比較【3】お手頃価格のバスマットの吸水力は?

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較   8種類のバスマットを使って、バスマットの吸水性と速乾性をテスト中! (詳しくはバスマット比較【2】へ) ①SUSU(山崎産業株式会社)   ②乾度良好Nハイパイル(オカ株式会社) ③SHIBAFU(株式会社オカトー) ④ソフワ(山崎産業株式会社) ⑤ローザ(ヨ...

バスマット比較【2】「SUSU」vs.「乾度良好」で機能性バスマット対決!

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 濡れた足を拭いて、床を守る 「バスマット=足拭きマット」。 つまり、バスマットは、お風呂上がりの濡れた足を拭くアイテム。 足が濡れたままだと、バスルームの前の床も、そこから歩いた廊下も、びしょ濡れになってしまいますからね! だから、「足の水気をしっかり拭き取ってくれるか」は...

ふきん吸水力比較【4】不織布とマイクロファイバーの素材と構造をチェック!

同じシリーズの記事はこちら  ふきん吸水力比較 前回は、ふきんの素材そのものの吸水力を知るために、ふきん10gあたりの吸収量を調べました。 調べたのは、こちら7種類のふきん。 ①ビストロ先生 綿ガーゼふきん(サンベルム株式会社) ②かや織りふきん(レック株式会社) ③白雪ふきん(垣谷繊維) ④落ちワタふきん(株式会社良...

バスマット比較【1】カットパイルとマイクロファイバーの素材をチェック!

同じシリーズの記事はこちら  バスマット比較 バスマットの肌ざわりと素材をチェック! お風呂上がりに乗るバスマットがお気に入りだと、湯あがりの爽快感がアップしますよね! 上の写真は、乾度良好というシリーズのバスマット。 20年以上販売されているベストセラーなんです。 吸水性の高さで根強い人気を誇っていますが、もうひとつ...

ふきん吸水力比較【3】スポンジクロスを徹底調査!素材のセルロースとは?

同じシリーズの記事はこちら  ふきん吸水力比較 「吸収力抜群の台ふきんは?」ということで、7種類のふきんで実験調査中です。 ①ビストロ先生 綿ガーゼふきん(サンベルム株式会社) ②かや織りふきん(レック株式会社) ③白雪ふきん(垣谷繊維) ④落ちワタふきん(株式会社良品計画) ⑤激落ち マイクロファイバー(レック株式会...

ふきん吸水力比較【2】吸収力抜群の台ふきんは?実験スタート!

同じシリーズの記事はこちら  ふきん吸水力比較 「あっ、お茶をこぼした!」 こんな時は、あわてず対処したいですね。 ふきんって、食器を拭いたり、お料理に使ったりもしますが、食卓を拭く台ふきんは欠かせないという方は多いのでは? ということで、今回は、「台ふきんの吸収力」について徹底調査。 さまざまな素材のふきんが大集合 ...

ビールグッズの保冷力比較【3】ステンレスタンブラーなら、いつでもビールを冷たく!

同じシリーズの記事はこちら  ビールグッズの保冷力比較 タンブラーを冷蔵庫で冷やすと、表面温度が13度以上低くなる ビール用のタンブラーやグラスは冷蔵庫で冷やすとイイ! と、よく耳にしますが、本当? というわけで、赤外線を当てて、室内に置いておいたステンレスタンブラーの表面温度をはかってみました。 温度は、25.8度。...

ふきん吸水力比較【1】昔ながらの蚊帳ふきん、そのルーツと特徴とは?

同じシリーズの記事はこちら  ふきん吸水力比較 キッチンでの家事にはかかせないふきん。 ふきんとひとことにいっても、食卓用の台ふきん、食器用、調理用など、用途がいくつかありますね。素材や、大きさ、織り方もさまざま。 ふきんといえば、昔ながらの蚊帳ふきん ふきんの定番中の定番といえば、やっぱりこれです、蚊帳ふきん! 愛用...

ビールグッズの保冷力比較【2】ステンレスタンブラーvs.冷凍庫で冷やしたグラス!満足度はどう変わる?

同じシリーズの記事はこちら  ビールグッズの保冷力比較 「冷たいビールを味わえる!」と人気なのが、ステンレスタンブラー。 パッケージにも、「キーンと冷えた美味しいビールが飲めます」と書いてあるのですが…… それって、本当? というわけで、実際に試してみました。 ビールグッズの保冷力を調べる実験、スタート! まずは、実験...

ビールグッズの保冷力比較【1】ステンレスタンブラーや缶ホルダーの真空断熱構造とは?

同じシリーズの記事はこちら  ビールグッズの保冷力比較 夏といえばビール! 暑い夏に飲むキンキンに冷えたビールって、たまらなく美味しいですよね。 ビールを冷たく味わう方法といえば? 冷たいビールを味わえるグッズとして人気なのが、ステンレス製のタンブラー。 タンブラーというとガラス製のものをイメージしがちですが、銅や錫な...

フライパンコーティング比較【5】どちらも見逃せない!熱伝導&熱効率

同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 焦げ目がついた原因を探る! 前回の実験では、コーティングのない2つのフライパンで薄焼きたまごを焼きました。 ①ネオキャスチール(株式会社タマハシ) 鉄製 ②ビタクラフト オレゴン(ビタクラフトジャパン株式会社)ステンレス製 (カッコ)の中はメーカー名、以降省略し...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【6】ラップ、おかか、ビニール袋…おかずの汁もれを防ぐ簡単テクニック

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 本当に「汁もれに強いお弁当箱」を探せ! 前回おこなった実験では、お弁当箱の中に50mlの水を入れて、横向きに倒してみました。 すると、7つのお弁当箱のうち2つが「2時間経っても中の水が漏れない」という結果に! 横に倒しても大丈夫なら、いったいどこまで耐えられるのか?...

フライパンコーティング比較【4】鉄vs.ステンレス!これだけは外せないポイント

今回は、コーティングのないフライパンが登場! コーティングがないので、お料理がくっつきやすそう… さて、本当のところは? 同じシリーズの記事はこちら  フライパンコーティング比較 どんな素材のフライパンがあるの? コーティングのないフライパンってどんなものがあるんでしょう? くらべルートでは、2つのフライパンをピックア...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【5】フードマンvs.シリコーン蓋付き|横に倒しても大丈夫?

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 パソコンと一緒に鞄にイン!薄型弁当箱フードマン   こちらは、「薄型弁当箱フードマン」。 なんと、縦向きにしてバッグに収納できる画期的なお弁当箱♪ 厚みはたったの3.5cmと、まさに「薄型弁当箱」。 ノート型パソコンやタブレットと一緒にビジネスバッグに入れ...

汁漏れしにくいお弁当箱比較【4】おかずの汁もれが心配なら、シリコーン内蓋付きが安心!

同じシリーズの記事はこちら  汁漏れしにくいお弁当箱 ロック式弁当箱 vs.シリコーン蓋付きの弁当箱 前回までの実験で、汁もれに強いお弁当箱の秘密を2つに絞ることができました。 その秘密とは、下の2つ。 ロック式のような「汁もれに強い構造」。 そして、シリコーン製の内蓋のような「汁もれに強い素材」。 なるほど。 「汁も...