Page 4

スティックおにぎりは肉巻きで大満足!巻き寿司の型を使った作り方とコツ
1780 views
料理テク

スティックおにぎりは肉巻きで大満足!巻き寿司の型を使った作り方とコツ

かわいくてブームのスティックおにぎりですが、男性には物足りないかもしれません。 「ちまちましていて食べにくい」なんていわれたことはありませんか? 作るほうとしては、できるだけ手軽においしいものを作りたいですよね。 そこで今回は、巻き寿司用の「細巻き型」と「太巻き型」を使った、ボリュームたっぷりのスティックおにぎりの作り...

包丁比較【3】三徳包丁と出刃包丁を比較!両刃と片刃の違いと使い分けは?

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 三徳包丁は、菜切り包丁や牛刀包丁のいいとこ取りの包丁。 とがった切っ先や、刃先のカーブ、まっすぐな刃元が使いやすさの理由でした。 (詳しくは包丁比較【1】へ) この3種類の包丁には、実は両刃という共通点があります。 包丁には両刃と片刃がある 両刃とは、左右両方に刃があるということ...
下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に
2511 views
家事ラク

下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に

湿気の発生場所は?家中まんべんなくチェック 湿気対策と聞いて、まず思い浮かぶところといえば、押入れや下駄箱でしょうか。 大きな収納場所なので、しっかり湿気対策されている方は多いのですが、最も湿気の発生しやすい水回りはきちんとできていますか? 家中のポイントとなる場所をしっかりおさえて、まんべんなく万全に対策しましょう。...
時短の味方「めんつゆ」の選び方!常備菜やたれを簡単アレンジ
1459 views
料理テク

時短の味方「めんつゆ」の選び方!常備菜やたれを簡単アレンジ

夏に大活躍するめんつゆ。 麺以外にも使いまわせる調味料として、現在はたくさんの種類が販売されていますね。 肉じゃがや親子丼などの定番メニューはもちろん、実は季節を問わず、たくさんのアレンジがきく優れものなんです。 めんつゆとは? めんつゆは、「だし」と「かえし」からできています。 まずは、和食にかかせない「だし」。 味...
IKEAのシューズボックス
2692 views
収納テク

IKEAのシューズボックスで靴の衣替え!季節に合わせた収納テク

衣替えシーズン到来!靴はどうしていますか? 衣類を秋冬から春夏に替えて身も心も軽くなる季節ですね。 コートやセーターなどの冬物の衣類をクリーニングやお洗濯をして、来年の秋冬まで大切に保管するように、靴の衣替え「靴替え」されていますか? 大きなシューズクローゼットがあるお家なら、シーズンを問わず全ての靴が収納できると思い...

包丁比較【2】ステンレスとセラミックとチタンの切れ味は?材質別に違いをチェック

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 いまや、包丁は材質もさまざま。 今回は、材質の違う3種類の三徳包丁を集めました。 ①ステンレス三徳包丁(株式会社タフコ) ②セラミック包丁(株式会社フォーエバー) ③チタン包丁(株式会社フォーエバー) ※(カッコ)の中はメーカー名、以下省略。 家庭用の包丁なら、ステンレスが主流で...
丸ごとかぼちゃの切り方!煮物と天ぷら用に切る包丁の使い方とコツ
2162 views
料理テク

丸ごとかぼちゃの切り方!煮物と天ぷら用に切る包丁の使い方とコツ

丸ごとの大きなかぼちゃを切ろうとすると、ぐらぐらするし力も必要なので、けがをしそうで怖いですね。でも、ちょっとしたポイントを押さえると、安全に上手に切ることができます。 もちろん包丁は、いつもの三徳包丁でも大丈夫。 丸ごとかぼちゃは日持ちがするので、安いときに買って保存し、好きなときに食べることができますよ。 濡れ布巾...
作り置きおかずの保存容器は丸型がおすすめ!形と素材を比較
9222 views
料理テク

作り置きおかずの保存容器は丸型がおすすめ!形と素材を比較

時間があるときにまとめて作った作り置きおかず、上手に活用したいですね。 「作り置き」で大切なのは、おいしい状態をキープして衛生的に食べきるということ。 そのためには、保存容器が冷蔵庫内で見やすい、整理しやすい、温め直しや手入れがしやすいといったことが重要になります。 おすすめは丸型の保存容器! 当然、各家庭によって使い...

包丁比較【1】三徳包丁の万能な理由とは?牛刀包丁と菜切り包丁との違いを比較

同じシリーズの記事はこちら  包丁比較 上の画像は三徳包丁。 肉、魚、野菜が切れることから「三徳」という名前がついていますが、万能包丁と呼ばれることも。家庭では、いちばんよく使われている包丁ですね。 日本人の食事に合わせて誕生した三徳包丁 こちらは菜切り包丁。 むかしの食事は野菜が中心だったので、包丁といえば、この菜切...
アクセサリー収納は外す場所に!なくさないコツと美しい収納実例
3093 views
収納テク

アクセサリー収納は外す場所に!なくさないコツと美しい収納実例

プチプラのアクセサリーがたくさんある中、洋服や気分に合わせて日替わりで楽しみたい!という方も多いはず。 でもアクセサリーが増え過ぎて、うまく収納できない… 結局いつも同じものをつけている… 今回は、そんなお悩みのある方必見のアクセサリー収納をご紹介。 アクセサリーはなくしやすいと心得る ファッションアイテムの中で、いち...
無印良品のファイルボックスが教科書収納には便利!お片付け一年生スタート
10371 views
収納テク

無印良品のファイルボックスが教科書収納には便利!お片付け一年生スタート

ピカピカの1年生! 小学校に入ると、毎日勉強や給食があります。 私の娘が入学した時、まず学校からいただいたお便りには「ご家庭で時間割や学校準備の確認をお願いします」と書かれていました。 子供が1年生なら、親も1年生。 最初のうちは、学校で困らないようにと、一緒に時間割をしたり学校の準備を手伝っていました。 でも、親が何...
カレイの煮付け
19712 views
料理テク

カレイのさばき方!三徳包丁を使った魚の下処理で煮付けをおいしくするコツ

1匹丸ごと買った方がお得だけど、自分で魚をおろすのはむずかしそう…と、ついパックに入っている切り身を選んでいませんか? スーパーの鮮魚コーナーでおろしてもらうこともできますが、時間外だったり待たされたりすることも。 平べったくて内臓の小さいカレイなら、意外と簡単に自分でおろすことができますよ。 カレイにはたくさんの種類...
おにぎらずの作り方!失敗しないコツとお弁当箱の詰め方アイディア
6489 views
料理テク

おにぎらずの作り方!失敗しないコツとお弁当箱の詰め方アイディア

アレンジ無限で人気のおにぎらず。見た目も可愛くておいしいのがうれしいですね。 でも、握らないから簡単にできるはずが、きれいに作るのは意外とむずかしいと感じる人が多いようです。 作り方のコツをマスターして、ピクニックの華やか行楽弁当を作りましょう! 失敗しないためのコツ1 ご飯に味付けしておく 「きれいに包めたのに、食べ...
便利なお弁当グッズで簡単!子供も大人も喜ぶお弁当作り
2878 views
料理テク

便利なお弁当グッズで簡単!子供も大人も喜ぶお弁当作り

手の凝ったお弁当を手作りするのは、「大変そう」「アイディアが浮かばない」「不器用だからハードルが高い」などの理由で、あきらめている方も多いのではないでしょうか? そこで、今人気のお弁当グッズを使って、簡単に楽しくなるお弁当を作ってみましょう。 抜き型を利用して可愛く変身 ・ハムやチーズをお花の型で抜くと桜に ・卵白を薄...

まな板材質比較【5】木の種類と同じく大切な構造!一枚板と合板

同じシリーズの記事はこちら  まな板材質比較 お手入れに手はかかるけど、刃当たりのいい木のまな板を使ってみたい! でも、木の種類もいろいろあるし、なにで選べばいいのか迷ってしまいますね。 やわらかくて軽さがダントツ!桐まな板 木の中でも、とくにやわらかい桐。(詳しくはまな板材質比較【2】へ) 桐のまな板は包丁に優しく、...
もう失敗しない!あさりとしじみの上手な砂抜き方法と加熱のコツ
2746 views
料理テク

もう失敗しない!あさりとしじみの上手な砂抜き方法と加熱のコツ

砂抜きしたはずなのに、食べるときにジャリッ! 簡単で、失敗しない砂抜きの方法って、どうやるんでしょうか。 3つのポイントを押さえれば、もう失敗なしですよ。 また、記事の後半では、貝のおいしさを引き出す加熱法についても解説します。 こすり洗いからスタート まず、貝はしっかりこすり洗いをして汚れを落とします。 潮干狩りで採...
家計簿を続けるコツ!お給料の袋分けで節約が叶うカンタン家計管理術
5536 views
家事ラク

家計簿を続けるコツ!お給料の袋分けで節約が叶うカンタン家計管理術

家計簿をつけない派は、面倒だから続かない…という人が多いようです。 私もズバリそのタイプ。 毎日記入するような家計簿は3日と続きません。 だからといって家計簿をまったくつけないと、お金の流れが把握できませんね。 家計を管理するものとして、それではちょっと不安。 どんぶり勘定からの脱却! まずは、「私だけが分かればいい!...
手作りジャムの基本、瓶詰めと冷凍保存でいつでも旬が楽しめる
8705 views
料理テク

手作りジャムの基本、瓶詰めと冷凍保存でいつでも旬が楽しめる

朝の食卓に欠かせないジャム。 ヨーロッパでは、冬の保存食として重宝されてきました。 庭にりんごの木があり、いちごやラズベリーが自生するようなヨーロッパの気候も、ジャム作りが発達してきた理由のひとつ。 ジャムの作り方はいたってシンプルで、果物に糖分を入れて煮詰めるだけ。 甘さと煮詰め方を調節すれば、オリジナルのジャムを作...